札幌病院

札幌病院ホーム > 来院される皆さまへ > 入院費等について



入院費等について

当院は平成26年4月1日より、厚生労働大臣が指定する『DPC対象病院』となりました。
このため、入院診療費は『包括払い方式(DPC)』で計算をさせていただきます。

DPCとは、入院患者さんの病名や診療内容をもとに厚生労働省で定められた1日当たりの点数(診断群分類)から、入院診療費を計算する方法です。

この方式では、入院患者さんの病気や病状をもとに、処置などの内容に応じて、包括評価部分(投薬、注射、検査、処置等)と出来高評価部分(手術、食事、リハビリテーション等)を組み合わせて入院診療費を計算することになります。

DPCと出来高払い方式の違いについては下記イメージをご参照ください。

DPCの計算方式〈イメージ〉

※手術・麻酔、リハビリ、輸血、検査・処置の一部、食事については上記イメージの通り、「出来高払い方式」で計算されます。

DPCに関する質問

Q1.すべての患者がこの制度の対象となるのでしょうか。
A1.

基本的に入院される全ての方がDPCの対象となります。
しかし、患者さんの病気や治療の内容によっては出来高払い方式での計算となります。
また、入院日数が厚生労働省で定められた期間を超えた場合の入院診療費は出来高払い方式での計算となります。

以下の場合も出来高払いとなります。

  1. 外来診療のみの方
  2. 労災、公災、自賠責保険を使用された方
  3. お産等自費診療の方
  4. 入院後24時間以内に亡くなられた方
  5. 治験に参加されている方
  6. その他厚生労働大臣が定める患者(新規手術・新規高額薬剤を使用された方等)
Q2.出来高払いと比べて、入院診療費は高くなるのでしょうか。
A2.

DPCでは入院している間の病名や診療内容によって、1日当たりの診療費が決まるため、出来高払いと比べて、高くなる場合もあれば、安くなる場合もあります。
また、病院の機能によって厚生労働省が定めた係数もあるため、同一の傷病で治療を行った場合でも、病院によって入院医療費が若干異なることがあります。

Q3.DPCの対象となる病気でも出来高払いで計算してもらえるのでしょうか。
A3.

厚生労働省の定めにより、DPCの対象となる傷病は出来高払いでの計算はできません。

Q4.入院途中で病名が変更になった場合はどうなるのでしょうか。
A4.

診断群分類は、1回の入院で1つだけと定められていますので、最終的に確定した時点で入院初日から入院診療費を再計算を行います。
暦月をまたがって入院されている場合は、入院日にさかのぼって点数調整を行うため支払額が変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

Q5.一部負担金・高額療養費・公費の取扱いはどうなるのでしょうか。
A5.

通常通りご使用いただけます。受給者証等がございましたら、1階入退院受付への提示をお願い致します。

Q6.食事の料金はDPC包括方式に含まれますか?。
A6.

含まれません。厚生労働省によって定められた一部負担金をお支払い頂くことになります。

Q7.DPC対象病院になり、診療の内容が変わったのでしょうか。
A7.

当院での医療及び診療方針は今までと変わりなく、入院中の治療として必要と判断される診療行為は従来どおり行ってまいりますが、DPC対象病院として主治医の判断(緊急度等)により、必ずしも入院中に行わなくてもよいと判断した診療行為については、退院後に外来受診していただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。
また、入院日数短縮のため外来で実施できる検査等は入院前後に実施していただくこともありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

ご不明な点等がございましたら、1階入退院受付までお問い合わせください。