札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 身体障害者補助犬の受け入れについて


身体障害者補助犬の受け入れについて

当院では身体障害者補助犬を受け入れています

禁煙マーク

当院では、身体障害者補助犬法の精神に則り、身体障害者補助犬をご使用される方が安心してご利用していただけることを基本に考えておりますが、当院には様々な病態の患者さまが受診されており、免疫力が低下されている患者さんなどがご来院されていることから、身体障害者補助犬をご使用される方への対応方針を次のとおり定めておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

受け入れ可能な補助犬

補助犬の種類 役割
盲導犬 眼の不自由な方を誘導します。胴に白か黄色の胴輪をしています。
介助犬 からだの不自由な方の手足となります。介助犬の表示札がついています。
聴導犬 耳の不自由な方に音を知らせます。聴導犬の表示札がついています。

※なお、当院では、身体障害者補助犬以外の動物(ペット)の同伴はお断りしています。

院内での同伴可能区域について

フロア 同伴可能区域
地下1F 各検査室待合
1F 中央受付・外来診察室・外来待合室・入退院総合相談センター
2F 外来診察室・外来待合室・リハビリセンター・食堂・ファミリーマート・喫茶「ちょっと」
3F 透析センター(個室に限る)・事務室
5F〜10F 各病棟デイルーム

ただし、診察室・処置室・病室・待合室等で安全管理上、スペース上、または近くに感染症やアレルギーのある患者さんがいる、犬を怖がる方がいるなど、状況により同伴を断る場合や補助犬を他の場所で待機していただく場合もありますので、ご了承願います。

補助犬を同伴し入館される方へ

身体障害者補助犬をご使用される方のご来院にあたっては、必要に応じて以下の点について確認をさせていただく場合がありますので、ご了承願います。

  • 「身体障害者補助犬健康管理手帳」の所持の有無
  • 「身体障害者補助犬認定証」の所持の有無
  • 予防接種の有無

来院の皆様へ

  • 補助犬は適切な健康管理と予防対策を講じられた犬であり、使用者が行動管理をしておりますので、迷惑をかけるようなことはありません。
  • 補助犬は家を出たらいつでも“仕事中”です。触ったり声をかけたり気を引いたりせずに、そっと見守ってください。
  • 犬のアレルギーがある方は職員にお知らせください。
  • その他お気づきの点がありましたら、遠慮せずに職員にお申し出ください。