札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2013年) > がん相談支援センター


がん相談支援センター

業務内容

がん相談支援センターは2009年6月より地域連携福祉相談室の下部組織として設置され、患者さん及びご家族からの「がんに関する不安や悩み」についての相談窓口として機能しています。当院は2013年4月北海道がん診療連携指定病院を取得し、がん相談支援センターでは、がんにまつわる情報収集・情報提供に務め、院内及び地域の医療従事者の協力を得て、院内外のがん患者及びその家族ならびに地域住民、医療機関等からの相談に対応することを目指しています。

業務内容は主に

  1. がんの病態、標準的治療法等がん診療及びがんの予防・早期発見等に関する一般的な情報の提供
  2. がん患者の療養上の相談
  3. その他相談支援に関すること等々

であり、相談方法は電話もしくは面談、相談時間は平日13時〜16時となっています。

事業報告・今後の予定

2013年は例年どおり毎月1回のスタッフミーティングを開催し、緩和ケア講演会や緩和ケアイベントを企画開催しました。また本年はスタッフを派遣し市内がん診療連携拠点病院のがん相談支援センターおよび地域のがん患者サロンの見学を実施いたしました。緩和ケア講演会は10月にホームケアクリニック札幌の前野宏院長を講師に招き、テーマ「緩和ケアを深め広めましょう」で講演いただき、院内外の医療従事者72名の参加を得ました。そして同じく10月のホスピス緩和ケア週間に合わせ、当院入院および来院者を対象にした第4回緩和ケアイベントを開催しました。正面玄関前にて緩和ケア普及にまつわる情報提供を実施、当院緩和ケア認定看護師の協力を得て個別相談にも応じることができました。緩和ケア講演会、緩和ケアイベントは毎年企画開催しており、来年に向けて準備に取り掛かっています。

また本年はスタッフが市内2ヶ所のがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターを見学し、今まで以上にがん診療連携拠点病院との連携を意識した情報収集に努めました。地域のがん患者サロンも2ヶ所見学を実施。その他、患者サロンから依頼を受けたアンケートにも協力し地域との連携にも強化して取り組んでまいりました。来年は当院でもがん患者サロンを開設する予定であり、現在当センタースタッフ2名が院内のがん患者サロンワーキンググループのメンバーとして開設に向けた検討をしています。

がん患者さんにとって、治療や療養生活の情報は"力"となります。がん相談支援センターでは患者さん個人に合わせた情報探しのお手伝いや各相談に応対し、患者さんが安心して治療・療養に臨むことができるような支援を目指しています。

がん患者の相談件数実績(医療相談・退院調整含む)

相談件数

がん部位別相談件数(273件)

相談者属性

相談内容(複数回答)