札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2012年) > リハビリテーションセンター


リハビリテーションセンター

業務内容

当リハビリテーションセンターでは、施設基準に基づき運動器、呼吸器、心大血管リハビリテーションを各学会認定資格取得のスタッフにより患者様の早期退院、社会復帰、スポーツ復帰を目標に治療を行っております。今年度より理学療法士10名となり各疾患に対応すべく体制を整えております。

運動器リハビリテーション

今年度対象となった疾患は、整形外科では例年同様に高齢者の転倒による大腿骨頚部骨折術後、膝、股関節の加齢、変性による人工関節置換術、スポーツによる膝関節靭帯損傷後の靭帯再建術、上肢の骨折に伴う術後の後療法が中心でした。また、リハビリに直接オーダー可能となった糖尿病内科からの糖尿病の運動療法、リウマチ膠原病内科からの慢性関節リウマチの運動療法が増加しております(表2)。

今年度の利用者数は17,718名(約400名減少)、単位数31,573単位(約3,000単位増加)であり、それぞれ対前年度比97.8%、110.6%でした(表1)。利用者数の減少は本年4月の診療報酬の改訂に伴い外来患者様の受診を制限したためと思われ、外来数の減少分を入院患者様の治療において手厚くした分単位数の増加となったと思われます。

呼吸器リハビリテーション

今年度対象となった疾患は、呼吸器内科からが大多数を占め、主に慢性閉塞性疾患、間質性肺炎、肺炎に対し呼吸リハビリテーションを行ないました。内容としてはベッドサイド(体位肺痰法、呼吸介助、廃用予防)より開始し患者様の回復状態に合せ訓練室での訓練(呼吸訓練、筋力訓練、歩行訓練、ADL訓練)と進め患者様の家庭復帰を目標に取り組んでおります。また,今年度はICUから呼吸リハビリテーションを実施するケースが増えておりました。

今年度の利用者数は952名(約90名増加)、2,003単位(約500単位増加)で、それぞれ対前年度比110.6%、133.8%でした(表1)。

心大血管リハビリテーション

今年度より心臓リハビリテーション指導士1名が加わり2名体制となり患者様サービスの向上がなされました。対象疾患は心臓血菅外科からは腹部・胸部大動脈瘤、大動脈狭窄症、閉塞性動脈症等の術後、及び循環器内科からの心不全、急性冠症候群の患者様が大多数を占めました。

今年度の利用者数は2,944名(約100名増加)、4,899単位(約500単位増加)で、それぞれ対前年度比103.2%、112.4%でした(表1)。

表1 2012年度(1月〜12月)疾患別リハビリ患者数、単位数

  入院 外来 合計 前年比(%)
運動器 患者数 10,164 7,554 17,718(18,121) 97.8
単位数 23,152 8,421 31,573(28,620) 110.3
早期加算 17,862   17,862(16,005) 111.6
心大血管 患者数 2,830 114 2,944(2,852) 103.2
単位数 4,711 188 4,899(4,357) 112.4
早期加算 3,957   3,957(3,342) 118.4
呼吸器 患者数 952   952(861) 110.6
単位数 2,003   2,003(1,497) 133.8
早期加算 1,207   1,207(931) 129.7
運動療法 総患者数 13,946 7,668 21,616(21,834) 99.0
総単位数 29,866 8,609 38,475(34,474) 111.6
早期加算 23,026   23,026(19,972) 115.3
実施計画料 件数 662   662(605) 109.4
退院時指導料 件数 373   373(396) 94.2

( )は平成23年度の実数

表2 2012年度(1月〜12月)科別リハビリ患者数

  整形外科 心臓血管
外科
循環器
内科
呼吸器
内科
リウマチ
膠原病内科
糖尿病
内科
外科
患者数 16,780 1,855 1,052 935 674 130 154
前年比(%) 94.9 121.1 80.4 108.6 218.9 105.7 669.6

平成2012年度臨床実習

見学実習

2/20〜2/24 矢吹 愛梨(北海道大学2年)
2/27〜3/2 山田 杏里(北海道リハビリテーション大学校1年)
9/3〜9/7 太田 瑞稀(北海道文教大学1年)

評価実習

1/16〜1/20 河田 明莉(北海道文教大学2年)
1/23〜2/10 矢ノ口 理子(北海道リハビリテーション大学校2年)
2/13〜2/24 中村 理子(北海道文教大学3年)
11/26〜12/13 佐久間 萌(北海道大学3年)

総合実習

6/11〜8/3 伊藤 久美子(北海道大学4年)

研究活動

学会発表

  1. 神 紗蓉子、井上 雅之、浮城 健吾、土田 茂:
    「スキーインストラクターの膝前十字靱帯損傷に対する認識」
    第23回日本臨床スポーツ医学会 2012.11.3 横浜
  2. 越野 裕太、山中 正紀、石田 知也、井上 雅之:
    「慢性足関節不安定性を有する人におけるカッテング動作時の下肢キネマテックスの相違」
    第23回日本臨床スポーツ医学会 2012.11.3 横浜
  3. 越野 裕太、山中 正紀、江沢侑也、石田 知也、武田 直樹:
    「慢性足関節不安定性を有する者における着地動作時の下肢キネマテックス」
    第39回日本臨床バイオメカニックス学会  2012.11.9 幕張
  4. 堀内 秀人、山中 正紀、神成 透、松井 直人、小林 巧、野陳 佳織:
    「人工膝関節全置換術(TKA)術前の変形性膝関節症の進行度が術後の歩行能力やバランス能力に影響をあたえるか」
    第63回北海道療法士学術大会 2012.11.10 苫小牧

論文

  1. 越野 裕太、山中 正紀、瀬戸川 美香、武田 直樹:
    「足関節背屈可動域と方向転換動作時の足関節背屈・内反、足部方向角度との関係性」
    体力科学 2012、61巻5号487−493

講演

  1. 田中 佳苗:
    「維持しよう筋力!」ロクモティブシンドロームとその予防
    第145回健康セミナー 2012.4.21
  2. 大岩 正太郎:
    「糖尿病患者の心血管疾患発症と身体活動量の関係」
    第10回糖尿病療養指導士セミナー 2012.8.3

座長

  1. 樋口 賢一
    第10回糖尿病療養指導士セミナー 2012.8.3