企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2018年 > 5月


(別紙)サービス別の主な接続料金案

(1)イーサネットフレーム伝送機能等の接続料金

区分 今回補正申請した料金 2018年3月16日に
申請した料金
端末回線伝送機能 100Mb/s以下 1回線ごとに月額 4,149円 4,204円
1Gb/s以下 8,944円 8,999円
  • 2016年度の実績をもとに2018年度の費用と需要を予測して設定しています。

(2)接続専用線等の接続料金

区分 今回補正申請した料金※2 2018年3月16日に
申請した料金
一般専用 3.4kHz※1 1回線ごとに月額 11,936円 12,006円
高速ディジタル伝送 ディジタルアクセス1.5Mb/s(タイプ1-1)※1 1回線ごとに月額 104,034円 104,791円
  • ※1接続専用線については、MA内の場合
  • ※22016年度における実績収入と実績原価との差額(調整額)を2016年度実績費用に加減して設定しています。

(3)公衆電話、番号案内の接続料金

区分 今回補正申請した料金※1 2018年3月16日に
申請した料金
公衆電話発信機能 1秒ごとに 3.3788円※2 3.3892円
ディジタル公衆電話発信機能 1秒ごとに 1.9929円※2 2.0002円
番号案内サービス接続機能 IC接続 1案内ごとに 190円 190円
  • ※12016年度における実績収入と実績原価との差額(調整額)を2016年度実績費用に加減して設定しています。
  • ※2特設公衆電話のアクセス回線に係るコストを2016年度実績費用に加算して料金を設定しています。

(4)中継光ファイバ、DSL接続の接続料金

区分 今回補正申請した料金※1 2018年3月16日に
申請した料金
中継光ファイバ 1芯・1メートルあたり月額 1.250円 1.262円
DSL接続 ラインシェアリング 1回線ごとに月額 108円※2 108円
ドライカッパ 1回線ごとに月額 1,586円※3 1,599円
  • ※12016年度における実績収入と実績原価との差額(調整額)を2016年度実績原価に加減して設定しています。
  • ※2DSL接続(ラインシェアリング)については、回線管理運営費(1回線ごとに月額33円)を含んでいます。
  • ※3DSL接続(ドライカッパ)については、回線管理運営費(1回線ごとに月額44円)を含んでいます。また、2017年度接続料の原価に含まれる予定であった調整額の一部を2018年度の接続料原価に繰り延べ、調整額に起因する接続料水準の急激な変動を緩和しています。

(5)加入光ファイバの接続料金

区分 今回補正申請した料金※2 2018年3月16日に
申請した料金
シェアドアクセス方式の主端末回線※1 1芯ごとに月額 2,278円 2,324円
シングルスター方式 1芯ごとに月額 2,764円 2,821円

上記料金は、タイプ1-1(平日昼間帯に故障対応を行う場合)の1芯あたり月額料金。

  • ※1シェアドアクセス方式の主端末回線の料金には、毎年度実績原価方式により見直すこととなる局外スプリッタの料金を含んでおり、今回補正申請した料金には29円、2018年3月16日に申請した料金には30円を含んでいます。
  • ※22016年7月に設定した2018年適用料金(シェアドアクセス方式の主端末回線:2,368円、シングルスター方式:2,818円)に、2016年における収入と原価の差額を加減して調整(シェアドアクセス方式の主端末回線:▲90円、シングルスター方式:▲54円)したものです。

なお、上記料金とは別に、2018年度のシェアドアクセス方式の分岐端末回線の接続料金(今回補正申請した料金:440円、2018年3月16日に申請した料金:443円 ※当社の光屋内配線を利用の場合)についても見直ししています。