企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2017年 > 2月


(別紙)サービス別の主な接続料金案

(1)次世代ネットワークの接続料金

区分 改定後※2 現行料金 改定率
関門交換機接続ルーティング伝送機能
【IGS接続機能】
3分あたり※1 1.50円 2.22円 ▲32.4%
一般中継局ルータ接続ルーティング伝送機能
【中継局接続機能】
1接続用ポートごとに月額 4,583,333円 4,312,500円 6.3%
一般収容局ルータ接続ルーティング伝送機能
【収容局接続機能】
1収容ルータ装置ごとに月額 1,196,836円 1,163,278円 2.9%
一般収容局ルータ優先パケット識別機能※3
【優先パケット識別機能】
1契約ごとに月額※4 2.01円 - -
一般中継局ルータ優先パケットルーティング伝送機能※3
【優先パケットルーティング伝送機能】
1Mbitまでごとに月額※4 0.035668円 - -
  • ※13分あたり料金について、改定後料金には平成29年度IGS交換機接続料0.22円を含んでいます。
  • ※2平成27年度の実績をもとに平成29年度の費用と需要を予測して設定しています。
  • ※3優先パケット識別機能および優先パケットルーティング伝送機能は、平成29年度より新たに設定しています。
  • ※4事業者ごとの予測利用量(契約数・通信量)に応じて事業者ごとの負担額を予め決定します。
    年度の実績利用量が確定した段階で事業者ごとの実績利用量に応じて精算を実施します。

(2)イーサネットフレーム伝送機能等の接続料金

区分 改定後 現行料金 改定率
イーサネットフレーム伝送機能 MA内設備 100Mb/s 事業者ごと
MAごとに月額
388,650円 404,212円 ▲3.8%
1Gb/s 1,005,510円 1,045,505円 ▲3.8%
10Gb/s 2,706,255円 2,797,442円 ▲3.3%
県内中継設備 100Mb/s 事業者ごと
県ごとに月額
154,649円 176,081円 ▲12.2%
1Gb/s 400,432円 455,137円 ▲12.0%
10Gb/s 1,080,962円 1,214,821円 ▲11.0%
相互接続用設備 1装置ごとに月額 173,889円 266,250円 ▲34.7%
端末回線伝送機能 100Mb/s以下 1回線ごとに月額 4,185円 4,412円 ▲5.1%
1Gb/s以下 7,910円 8,129円 ▲2.7%
  • 平成27年度の実績をもとに平成29年度の費用と需要を予測して設定しています。

(3)接続専用線等の接続料金

区分 改定後※2 現行料金 改定率
一般専用 3.4kHz※1 1回線ごとに月額 13,057円 12,160円 7.4%
高速ディジタル伝送 ディジタルアクセス1.5Mb/s(タイプ1-1)※1 1回線ごとに月額 114,221円 95,314円 19.8%
  • ※1接続専用線については、MA内の場合
  • ※2平成27年度における実績収入と実績原価との差額(調整額)を平成27年度実績費用に加減して設定しています。

なお、ATM専用及びメガデータネッツについては、平成29年3月31日をもって新規受付を終了します。

(4)公衆電話、番号案内の接続料金

区分 改定後※1 現行料金 改定率
公衆電話発信機能 1秒ごとに 2.4691円※2 2.0663円 19.5%
ディジタル公衆電話発信機能 1秒ごとに 1.7461円※2 1.2429円 40.5%
番号案内サービス接続機能 IC接続 1案内ごとに 258円 197円 31.0%
  • ※1平成27年度における実績収入と実績原価との差額(調整額)を平成27年度実績費用に加減して設定しています。
  • ※2特設公衆電話のアクセス回線に係るコストを平成27年度実績費用に加算して料金を設定しています。

(5)中継光ファイバ、DSL接続の接続料金

区分 改定後※1 現行料金 改定率
中継光ファイバ 1芯・1メートルあたり月額 1.060円 0.885円 19.8%
DSL接続 ラインシェアリング 1回線ごとに月額 98円※2 100円 ▲2.0%
ドライカッパ 1回線ごとに月額 1,629円※3 1,438円 13.3%
  • ※1平成27年度における実績収入と実績原価との差額(調整額)を平成27年度実績原価に加減して設定しています。
  • ※2DSL接続(ラインシェアリング)については、回線管理運営費(1回線ごとに月額44円)を含んでいます。
  • ※3DSL接続(ドライカッパ)については、回線管理運営費(1回線ごとに月額54円)を含んでいます。また、調整額の一部を平成30年度の接続料原価に繰り延べ、調整額に起因する接続料水準の急激な変動を緩和しています。

(6)電話の交換機等の接続料金

区分 改定後 現行料金 改定率
GC接続 3分あたり 6.38円 6.05円 5.5%
IC接続 3分あたり 7.68円 7.33円 4.8%
中継伝送専用機能 MA内・24回線<1.5Mbit/s相当>の場合月額 13,870円 15,158円 ▲8.5%
加入者交換機回線対応部専用機能 24回線<1.5Mbit/s相当>ごとに月額 18,691円 19,244円 ▲2.9%
中継交換機回線対応部専用機能 24回線<1.5Mbit/s相当>ごとに月額 1,336円 1,383円 ▲3.4%
中継交換機接続用伝送装置利用機能 672回線<50Mbit/s相当>ごとに月額 21,537円 21,487円 0.2%
加入者交換機等接続回線設置等工事費 定期申込み 672回線<50Mbit/s相当>ごとに 161,047円 162,912円 ▲1.1%
随時申込み 672回線<50Mbit/s相当>ごとに 217,413円 229,706円 ▲5.4%
  • 総務省から通知された長期増分費用モデルに基づき、平成28年度下期及び平成29年度上期の予測通信量等を用い設定しています。また、交換機等費用に含まれるNTSコストについては、第一種指定電気通信設備接続料規則に基づき、き線点RT−GC間伝送路コストの全額を加算し、それ以外のNTSコストは全額控除しています。

(7)加入光ファイバの接続料金

区分 改定後※2 現行料金 改定率
シェアドアクセス方式の主端末回線※1 1芯ごとに月額 2,490円 2,675円 ▲6.9%
シングルスター方式 1芯ごとに月額 2,953円 3,163円 ▲6.6%

上記料金は、タイプ1-1(平日昼間帯に故障対応を行う場合)の1芯あたり月額料金。

  • ※1シェアドアクセス方式の主端末回線の改定後料金には、毎年度実績原価方式により見直すこととなる局外スプリッタの平成29年度適用料金(74円)を含んでいます。 
  • ※2平成28年7月に設定した平成29年度適用料金(シェアドアクセス方式の主端末回線:2,474円、シングルスター方式2,935円)に、平成27年度における収入と原価の差額に係る見込み値と実績値との差額を加減して補正(シェアドアクセス方式の主端末回線:+16円、シングルスター方式:+18円)したものです。

なお、上記料金とは別に、平成29年度のシェアドアクセス方式の分岐端末回線の接続料金(改定後421円、改定前405円)※当社の光屋内配線を利用の場合)についても見直ししています。