企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2016年 > 12月


(報道発表資料)

2016年12月28日
東日本電信電話株式会社

第1報(22時23分現在)

茨城を中心とした地震による通信サービス等への影響および「災害用伝言ダイヤル(171)」、「災害用伝言板(web171)」の提供開始について

2016年12月28日(水)21時38分頃に発生した、茨城を中心とした地震により、電話がつながりにくくなっております。

NTT東日本では被災地域の方々の安否状況等の確認手段として「災害用伝言ダイヤル(171)」および「災害用伝言板(web171)」の提供を開始しました。

なお、今回の地震による通信サービスへの影響は、調査中です。

1.「災害用伝言ダイヤル(171)」および「災害用伝言板(web171)」の提供開始日時

<1>「災害用伝言ダイヤル(171)」 2016年12月28日(水)21時50分
<2>「災害用伝言板(web171)」 2016年12月28日(水)21時50分

2.提供状況

<1>「災害用伝言ダイヤル(171)」

  1. (1)伝言の登録・再生の際にキーとできる電話番号:
    茨城エリアの市外局番から始まる電話番号
    携帯電話・PHS・IP電話の電話番号
  2. (2)伝言蓄積数:5伝言
  3. (3)伝言保存期間:提供期間終了まで
  4. (4)伝言録音時間:30秒
  5. (5)伝言録音・再生可能地域:
    • (1)のエリアからの録音:可能
    • (1)のエリアからの再生:可能
    • (1)のエリア外からの録音:可能
    • (1)のエリア外からの再生:可能
  6. (6)ご利用できる電話・端末:
    ◆加入電話、ISDN、公衆電話、ひかり電話、および災害時にNTT東日本・NTT西日本が避難所などに設置する災害時用公衆電話(特設公衆電話)
    ◆携帯電話、PHS、他通信事業者の電話等
    (ご契約の通信事業者によっては、171に接続できない場合があります)
  • 他社の加入電話、携帯電話・PHSからのご利用については、ご契約の各通信事業者にお問い合わせください。
  • ISDN及びひかり電話でダイヤル式電話をお使いの場合には、ご利用できません。
  • メッセージは一度録音されますと保存期間内は消去できませんのでご注意ください。

<2>「災害用伝言板(web171)」

  1. (1)登録可能電話番号:全国の加入電話、ISDN、ひかり電話、携帯電話、PHSの電話番号、IP電話
  2. (2)伝言蓄積数:20伝言
  3. (3)伝言保存期間:提供期間終了まで
  4. (4)伝言登録・閲覧可能地域:全国
  5. (5)ご利用できる端末:インターネットに接続ができるパソコン及び携帯電話等
    (パソコンや携帯電話の機種によっては一部ご利用できない場合がございます)
  6. (6)伝言入力方法:テキスト入力(1伝言あたり100文字以下)
  7. (7)伝言通知方法・内容:
    • メールでの通知
      • 登録された方の氏名、登録電話番号、登録日時、安否情報、伝言内容をメールにより通知
      • メール通知先は最大10件まで登録可能です。
    • 電話(音声)での通知
      • 伝言が登録されたことを登録された方の電話番号とともに電話(音声)により通知
      • 通知を受けた方がガイダンスに従って操作することで、登録された方の氏名、登録日時、安否情報、伝言内容を電話(音声)で確認可能
  • 音声通話先は1件のみ登録可能です。
  • 国際電話番号、フリーダイヤル等の着信課金番号、110番や119番などの特番等、通知先として指定できない電話番号があります。
  • 初回通知時に電話を受けられなかった場合、その後、5分おきに2回、更に30分おきに2回の最大計4回まで再通知を行います。
    (但し、電話網が混んでいる場合、通知が遅れる又は通知できない場合があります)

3.ご利用方法

<1>「災害用伝言ダイヤル(171)」

  • 「171」をダイヤルすると、『こちらは災害用伝言ダイヤルセンタです。録音される方は「1」、再生される方は「2」、暗証番号を利用する録音は「3」、暗証番号を利用する再生は「4」をダイヤルしてください』というガイダンスが流れますので、ガイダンスに従って操作してください。

<2>「災害用伝言板(web171)」

  • 「https://www.web171.jp/」へアクセスし、画面の表示に従って操作してください。

≪災害用伝言ダイヤル(171)と災害用伝言板(web171)の連携について≫
災害用伝言ダイヤル(171)と災害用伝言板(web171)との連携により、それぞれで登録された伝言内容を、相互に確認が可能です。

  • 災害用伝言ダイヤル(171)に登録された伝言を災害用伝言板(web171)で音声ファイルとして再生可能
  • 災害用伝言板(web171)」に登録された伝言(テキスト)を音声変換の上、災害用伝言ダイヤル(171)で再生可能

4.料金

<1>「災害用伝言ダイヤル(171)」

  • NTT東西の提供する加入電話、ISDN、公衆電話、ひかり電話から伝言を録音・再生する場合の通話料は無料です。※1
  • ※1その他の事業者の電話、携帯電話やPHSから発信する場合の通話料の有無等については各事業者にお問い合わせください。

<2>「災害用伝言板(web171)」

  • 伝言の登録、閲覧等に伴うサービス利用料は無料です。
  • なお、インターネット接続にかかる通信料やプロバイダー利用料等が別途必要となります。
  • メールや電話(音声)による伝言登録内容の通知機能をご利用頂く場合、通知先のお客様のご利用条件※2によっては、通知先のお客様に通話料、通信料が発生します。
  • ※2メール通知をご利用の場合、パケット通信料がかかります。また、電話(音声)通知を転送電話サービスや海外での国際電話ローミングサービスにてご利用される場合は通話料がかかります。

5.その他

電話番号1件あたり最大の伝言蓄積数や保存期間等は、災害の状況により変更する場合があります。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。