企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2016年 > 2月


(別紙)三鷹市実証実験
スマートフォンアプリ「さんポキ」を用いた市民参加による地域活性の取り組み

日本電信電話株式会社と東日本電信電話株式会社は、ClouTプロジェクトのフィールドトライアルの一つとして、東京都三鷹市と連携し、地域コミュニティ活性化、都市の魅力情報収集、シニアの外出支援を目的とした実証実験を実施しました。その結果、2015年9月26日(土)から10月25日(日)の期間に527名が実験に参画し、本取り組みが街の魅力情報の発見・収集、市民間の交流の促進、外出活動の誘発による健康増進など、市民参加のまちづくり・地域活性化の一助となることが示されました。

トライアル内容と結果

みたか太陽系ウォーク実行委員会等が主催する「みたか太陽系ウォーク スタンプラリー2015」のイベント期間中に、参加者はスマートフォンに本取り組みで独自開発した画像共有アプリケーション「さんポキ」(無料)をインストールし、三鷹市内等に設置されたスポット(総数177か所)を訪問します。スポットに設置されたBLEビーコンをセンシングした後に付近の写真を投稿すると、該当スポットのスタンプを獲得できます。また、本アプリケーションは、街を歩きながら三鷹の魅力(素敵な場所やモノ)を写真投稿したり、共感した写真に「いいね」やコメントを投稿したりする市民向けSNS機能と、スタンプ数を参加者間で競争するゲーム機能を持ち、楽しみながら地域の魅力を発見できます。市民向けSNSにゲーム機能を導入することで、10代から80代までの年齢層からの自発的な投稿を促し、短期間で約2万件の写真を集めました。また、参加者の15%以上の方が100か所以上のスポットを訪問し、街の再発見体験と街歩きの促進に効果があることを確認しました。ClouTアーキテクチャは、BLEビーコンによる市民の位置情報データや市民投稿の画像・テキストデータの利活用を容易にし、都市データ応用範囲をさらに広げることが期待できます。

三鷹市のまちづくりへ活用

今回のトライアルは三鷹市の「第4次三鷹市基本計画第1次改定」における新たな市民参加の一環と位置づけられ、集まった三鷹の魅力は、計画改定の検討資料として活用されました。

「さんポキ」実証実験、みたか太陽系ウォークについて、詳しくはホームページをご確認ください。
さんポキURL:http://sanpoki.ilab.ntt.co.jp新規ウィンドウで開く
みたか太陽系ウォークURL:http://www.taiyokei-walk.jp/新規ウィンドウで開く

<図1. 三鷹市全域で撮影された写真の一部>

<図2. さんポキ画面>