企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2011年 > 5月


(報道発表資料)

平成23年5月30日
エプソン販売株式会社
東日本電信電話株式会社

オフィスICT分野におけるお客様の利便性向上に向けた
包括的協業について

エプソン販売株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:平野 精一、以下 エプソン販売)と東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:江部 努、以下 NTT東日本)は、オフィス内のICT(情報通信技術)機器の販売、および保守等サポートにおける包括的な協業に本日、合意しました。

1.業務連携協業に至った背景

近年、オフィスへのブロードバンドサービスの急速な普及拡大により、ネットワークに接続可能なオフィス内のICT機器が増加し、企業のお客様にとってはICT機器の利用環境が複雑となっているため、ネットワーク接続時の不具合やオフィスICT機器の故障などが発生した場合、お客様自身で故障原因が特定できず複数の機器やサービスの提供元に問合せをしなければならない、というケースの増加が懸念されています。

また、企業のお客様にICT機器を販売する際は、お客様のネットワーク環境を見据えた提案が不可欠となっています。

このような市場環境の中、プリンター、プロジェクター等のICT機器を取り扱っているエプソン販売と、「フレッツ光※1」をはじめ様々な光ブロードバンドサービスを提供するNTT東日本は、お客様の利便性を高めるため、オフィスICT機器の販売、および保守等サポートにおける包括的な協業に本日、合意しました。

  • ※1NTT東日本が提供する「フレッツ 光ライト」、「フレッツ 光ネクスト」および「Bフレッツ」の総称です。

2.協業の概要

  1. (1)販売連携

    エプソン販売は、プリンター、プロジェクター等のICT機器を企業のお客様へご提案、販売する際に、NTT東日本のネットワーク商品等も合わせてご提案・販売できるよう、NTT東日本より販売支援を受けられる体制を、本年度上期を目処に構築します。

  2. (2)サポート連携

    今までは、エプソン販売、NTT東日本※2ともに両社の商品やサービスに関する不具合や故障等について、個別に対応してきました。

    今後は、両社の商品やサービスに関する不具合や故障等について、それぞれ一元的に受け付け、両社のコールセンターで相互に情報を取り次ぐことで、ワンストップで対応できるサポート体制の実現に向けて検討を進めます。

  • ※2NTT東日本はこれまでも、ICT機器メーカー各社との販売面、サポート面での連携を進めてきました。

3.期待される効果と今後の展開

今回の協業により、両社は、オフィス内のICT機器とネットワークサービスを一体化した導入や契約継続のご提案が可能となり、新たな中堅・中小企業市場への参入を図ることができます。

今後は、両社の協業により販売するオフィスICT機器やサービスを順次増やしていくとともに、更なるお客様の利便性向上を図るため、今回の協業により集積するノウハウやお客様のご要望を元に、ネットワークとオフィスICT機器のワンストップ提供、ワンストップサポートを実現する新たなサービスの開発に向けて検討を進めてまいります。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。