企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2011年 > 3月


(報道発表資料)

平成23年3月3日
株式会社NTTPCコミュニケーションズ
東日本電信電話株式会社

「クラウド型セキュアカメラソリューション」の販売開始について〜ネットワークカメラをセキュアな通信環境で簡単にご利用可能に〜

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:井上 裕生、以下「NTTPC」)と東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:江部 努、以下「NTT東日本」)は、複数の店舗や建物等を保有される個人事業者さまや中堅中小企業のお客さまに向けた、「クラウド型セキュアカメラソリューション」の提供について協業することで合意し、平成23年4月1日(金)より販売開始します。

1.協業の背景

NTTPCとNTT東日本は、ネットワークカメラをセキュアな通信環境で簡単に利用したいといったニーズに応えるため、NTTPCが提供を予定している、複数拠点に設置したネットワークカメラからの画像をデータセンターのサーバーで一元的に記録・管理し、タイムリーに確認することが可能な「セキュアカメラクラウドサービス™」と、NTT東日本が提供する、簡単かつ安価にセキュアなネットワーク構築が可能な「フレッツ・VPN ワイド」※1を組み合わせた「クラウド型セキュアカメラソリューション」を展開してまいります。

NTTPCが長年運営しているデータセンター事業で培った仮想化の技術・知識及び、NTT東日本のセキュアかつ安価なネットワークと通信事業のリーディングカンパニーとしての法人市場に対する営業力等、それぞれの強みを活かした協業を実施することで合意しました。

  • ※1NTT東日本が提供する「フレッツ 光ネクスト」等を利用して、複数拠点を接続することが可能なVPNサービス。提供条件についての詳細は「フレッツ・VPN ワイド」公式ホームページ(http://flets.com/vpnwide/index.html新規ウィンドウで開く)にてご確認ください。なお、「フレッツ・VPN ワイド」の通信品質はベストエフォート型であり、通信速度等の通信品質、および、通信の常時接続性を保証しておりませんので、リアルタイムモニタリング等、通信速度や常時接続性を必要とした用途には、ビジネスイーサ等のギャランティー型サービスのご利用をお勧めしております。

2.「クラウド型セキュアカメラソリューション」概要※2

複数拠点のネットワークカメラで撮影した画像を、ネットワークカメラに内蔵されたメモリや収容ボックス※3内に設置する外付けメモリでのローカルの記録はもちろん、NTT東日本の「フレッツ・VPN ワイド」を利用したセキュアなネットワークを介してNTTPCのデータセンターのサーバーに記録することでお客さまの本社等の一拠点で複数拠点の画像閲覧ができるクラウド型のネットワークカメラサービスです。

  • ※2詳しくは【別紙】をご参照ください。
  • ※3収容ボックスには、ネットワークカメラ接続に必要な周辺機器および、メモリ等を収容しています。

コンセプト

これまでのカメラサービスは、<1>ネットワークカメラと専用の記録装置を店舗等の拠点に設置し、ローカルで画像を確認、あるいは、記録を行う「ローカル設置型」と、<2>インターネット経由で、ネットワークカメラからの画像を遠隔でライブに確認、あるいは、記録をおこなう「インターネット接続型」が主流となっていました。

しかし、「ローカル設置型」では、ネットワークカメラ設置拠点での記録装置等の設置スペースの問題や、常に画像を確認していないことが多いため、画像確認時に、ネットワークカメラや記録装置の故障から、画像が記録されていないことが発覚する等の問題がありました。

また、「インターネット接続型」では、インターネット接続によるベストエフォート通信のため、画像の抜けおち・乱れが発生した場合に、画像のバックアップが取れない等の問題や、接続時のID・パスワードが漏えいした場合にカメラ映像を誰でも見ることができてしまうというセキュリティの問題がありました。

今回NTTPCとNTT東日本は、これら安全性、信頼性、品質、利便性の問題を考慮したソリューションとして「クラウド型セキュアカメラソリューション」を提供します。

主な特長

  1. <1>コンパクトな設置機器により省スペース化を実現

    ネットワークカメラを設置する拠点には、これまでのローカル設置型で必要だった専用のモニターが不要となり、また、記録装置や多くの接続・中継機器のコンパクト化により、スペースが限られた店舗でも設置が可能となります。

  2. <2>セキュアなネットワーク接続による高い安全性

    ネットワークカメラで撮影した画像データのデータセンターサーバーへの記録や、遠隔からの閲覧は、インターネット網を経由せず、「フレッツ・VPN ワイド」を利用したセキュアなネットワークを介して行なわれるため、漏えいや改ざんの心配がありません。

  3. <3>オンラインでのサービス管理による信頼性と品質の確保

    オンラインでのサービスの状態管理を行なっているため、画像未送信等の異常検出時には、NTTPCが故障箇所を特定し、お客さまへ連絡※4をするため素早い故障対応に結びつけることが可能です。これにより、いざという時に画像が送信・記録されていないというリスクを最小限にすることができます。

    • ※4対応時間は、平日9:00〜17:00を予定しています。訪問による故障対応は、別途オプション契約が必要です。
  4. <4>複数拠点に設置したネットワークカメラの画像を、一拠点で同時に確認・検索・閲覧

    データセンターのサーバーで、複数拠点に設置したネットワークカメラの画像を一元的に記録・管理することにより、お客さまの本社等の一拠点でまとめて閲覧できることはもちろんのこと、記録された画像を拠点・日付・時間指定で検索、閲覧ができます。

  5. <5>ハイブリッド方式での画像記録により利便性向上と詳細画像確認を実現

    ネットワークカメラで撮影した画像はネットワークカメラ内蔵または外付けメモリに最大約1メガピクセルの単位で記録されると同時に、データセンターのサーバーにもベストエフォートのネットワークを考慮した画質で送信・記録されるハイブリッド方式を採用しています。

    これによりサーバーに記録された画像で素早く確認することができ、さらに詳細画像が必要な場合は、必要となる時間帯の画像をネットワークカメラメモリからのダウンロードより、詳しく確認することができます。

    このハイブリッド方式により、通信品質がベストエフォート型の「フレッツ・VPN ワイド」においても、画像の品質と信頼性を向上させることができ、従来の「インターネット接続型」では難しかった詳細画像の記録・確認や、「ローカル設置型」では難しかった遠隔での画像取り出しが可能となります。

3.販売開始時期

平成23年4月1日(金)※5

  • ※5サービス提供については、工事日時・納期等の調整が必要です。

4.提供価格

セキュアカメラクラウドサービス™新規ウィンドウで開く
  • 月額料金(税込)※6
    サービス基本料 5,250円/契約
    ネットワークカメラ接続料 4,725円/台
    • ※6別途、「セキュアカメラクラウドサービス ™」の初期費用および、ネットワークカメラ・収容ボックス等の機器代金・取付工事費等が必要です。詳細はお問い合わせください。
「フレッツ・VPN ワイド」※7
  • ※7別途、NTT東日本の「フレッツ光」等の契約が必要です。

5.今後の予定

今後「セキュアカメラクラウドサービス™」においては、タブレット型端末等による画像確認等、様々な機能追加を予定しています。

また、NTTPCとNTT東日本は、今回の「クラウド型セキュアカメラソリューション」に限らず、両社の提供するセキュアなネットワークやクラウド型サービスを相互に活用し、お客さまがよりご満足されるブロードバンドサービスの実現に取り組んでいきます。

6.お客さまからのお問い合わせ先

株式会社NTTPCコミュニケーションズ
〒105-0003 東京都港区西新橋2-14-1
営業本部 開発営業部 開発営業担当
E-Mail cam-sales@nttpc.co.jp
東日本電信電話株式会社
〒163-8019 東京都新宿区西新宿3-19-2
コンシューマ事業推進本部
ブロードバンドサービス部
E-Mail ask_scc@ml.east.ntt.co.jp

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。