企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2010年 > 10月


(報道発表資料)

平成22年10月19日
NTT東日本

(最終報)

NTT東日本エリアで「フレッツ 光ネクスト」をご利用のお客様の一部で
インターネット接続がご利用できなかった事象の原因と再発防止策について

平成22年10月7日(木) 12時00分頃から同日20時07分まで発生した、NTT東日本エリアで「フレッツ 光ネクスト」をご利用のお客様の一部でインターネット接続等がご利用できなかった事象について、原因等が判明いたしましたので、ご報告いたします。

お客様に、ご迷惑・ご不便をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

1.原因

「フレッツ 光ネクスト」網内の通信設備(DNS:ドメイン名解決サーバ)1台のメンテナンス作業を実施した際、データ設定に誤りがあり、そのデータにより、DNSが異常な処理を行った結果、一部のお客様にてインターネット接続等ができない状況となりました。

2.影響のあったサービスおよびお客様

上記の原因により影響を受けたと考えられるサービスおよびお客様は、以下のとおりです。

影響のあったサービス

NTT東日本エリアにおける「フレッツ 光ネクスト」を利用した、インターネット接続の一部およびVPNサービス※1の一部

  • ※1「フレッツ・VPNゲート」等、主に企業のお客様が利用する、フレッツ網内に閉じた接続サービス。

影響のあったお客様

「フレッツ 光ネクスト」をご契約のお客様のうち、以下の条件1.または2.に当てはまるお客様※2

  • ※2この他、お客様が通信機器等に特殊な設定をされていた場合、影響があった可能性がございます。
条件
  1. 「ひかり電話オフィスタイプ」をブロードバンドルータを接続してご利用されている場合で、かつその下部にWindows Vista®※3またはWindows® 7※3を搭載したパソコンを接続されている場合で、かつ不具合のあった時間帯に、今回異常な処理を行ったDNSに接続した場合。
    • ※3Windows Vista®およびWindows® 7は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  2. 「ひかり電話」をご契約で、かつお客様宅内のホームゲートウェイ(ひかり電話接続機器)の設定を、「要求時接続型設定」に変更し(初期設定は「常時接続型設定」となっています)、かつ「フレッツ 光ネクスト」網外のサーバとの接続に一定時間以上かかった結果、「フレッツ 光ネクスト」網内のDNSに接続した場合で、かつ今回異常な処理を行ったDNSに接続した場合。

3.措置状況

弊社ビル内において不具合箇所の特定をおこない、データの修正を行った上で、DNSの再立ち上げを実施いたしました。

4.申告件数

387件(10月7日20時30分時点)

5.再発防止策

今後はメンテナンス作業を実施する前に、データ設定内容のチェックを強化するとともに、本運用の前には、当該データでの正常運用を確認するための事前の動作検証をこれまで以上に徹底するなど、再発防止策に努めてまいります。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。