企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2010年 > 2月


News Release 東日本電信電話株式会社・西日本電信電話株式会社

平成22年2月12日

オフィスのTCO削減を推進するモノクロ複合機
「OFISTAR(オフィスター)H7300」の販売開始について

  • NTT東日本及びNTT西日本(以下、NTT東西)は、「OFISTAR※1 H7300(以下、本商品)」をOFISTAR H7200の後継機として、平成22年2月15日(月)より販売開始します。
  • ユーザごとの出力設定やカラースキャナによるペーパレス化により、オフィスのTCO※2削減を推進します。
  • 入力情報とユーザ情報の照合・認証機能により、ユーザごとの利用機能の設定が出来るため、オフィスのセキュリティ意識の向上にも貢献します。
  • ※1「OFISTAR」は、NTT東西がオフィスのファクス・コピー・プリンタ・スキャナ等のドキュメント業務効率化を実現する商品シリーズの登録商標です。
  • ※2TCO(Total Cost of Ownership)とは、機器の導入、維持・管理などにかかる費用の総額です。
商品名 OFISTAR H7300
販売価格 Type35:1,650,000円(税込1,732,500円)※3
Type45:1,800,000円(税込1,890,000円)※3
販売地域 全国
販売開始日 平成22年2月15日(月)(NTT東日本※4/NTT西日本※5
販売予定数 約250台/年(NTT東日本)
約750台/年(NTT西日本)
  • ※3記載の価格には、工事費を含みません。
  • ※4NTT東日本のサービス提供地域は、新潟県、長野県、山梨県、神奈川県以東の17都道県です。
  • ※5NTT西日本のサービス提供地域は、富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県です。

1.主な特長

  1. (1)
    ユーザごとの出力枚数の設定等でTCO削減を推進

    ユーザごとにコピー、プリントの出力枚数の設定が可能です。また、パソコンで作成した文書を紙に印刷することなく、そのままファックス送信することもできるため、TCO削減を推進します。

  2. (2)
    高速カラースキャナで、オフィスのペーパレス化を推進

    モノクロ複合機でありながら最大A3原稿に対応するカラースキャナを搭載し、カラー45枚/分※6、(モノクロ52枚/分※7)と高速でスキャンすることが可能なため、ページ数の多い文書もスピーディーに電子ファイル化できます。また、オプション品の「DocuWorks」※7をパソコンにインストールし利用することにより、取り込んだデータの編集、管理などが出来ます。

    • ※6A4ヨコ、200dpi×200dpi、片面原稿読み取り、親展ボックス保存時。
    • ※7DocuWorksは、富士ゼロックス株式会社の商標です。
  3. (3)
    認証機能でオフィスのセキュリティ意識の向上に貢献

    操作パネルから入力するID情報と本体に登録されたユーザ情報を照合し、認証された場合のみ、操作を行えるように設定できます。また、オプション品の「IC Card Gate2」を利用すれば、ICカード※8をかざすだけで、認証ができます。

    • ※8別途、ICカードが必要になります。対応するカードは、MIFARE®、eLWISE、ELWISEです。
      MIFARE®はNXPセミコンダクターズの登録商標です。eLWISEは、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社の商標です。
      ELWISEは、日本電信電話株式会社の登録商標です。
  4. (4)
    複合機本体からの情報漏えいを低減

    オプション品の「データセキュリティキット」を装着することで、複合機本体のハードディスクに蓄積されたデータの暗号化、上書き、一括消去が可能です。コピーやプリントした内容が外部に漏れるリスクを低減できます。

  5. (5)
    大きくて見やすい操作パネルを搭載

    8.4型の大型液晶カラー操作パネルを標準搭載しました。カラー表示で視認性が高く、操作性も向上します。

2.お客様からのお申し込み・お問合せ先

お客様を担当する弊社営業担当、または以下のメールアドレスよりお申し込みください。

Email NTT東日本 info-ced@sinoa.east.ntt.co.jp
NTT西日本 info.t@west.ntt.co.jp

(参考)「OFISTAR H7300」外観図

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。