Topics

平成19年10月5日


『NTT東日本グループCSR報告書 2007』の発行について


NTT東日本グループにおける、コーポレートガバナンス・企業倫理・環境保全活動・社会貢献活動・個人情報保護等、2006年度におけるCSR活動の取り組みと実績をまとめた、「NTT東日本グループCSR報告書 2007」を発行します。


 NTT東日本グループでは、事業運営における重要な項目のひとつとして、CSR行動基準の策定などCSR活動の充実を図ってきました。これらのCSR活動の取り組み状況や成果を、ステークホルダーの皆様へご報告することを目的として、2000年度から「環境報告書」、2006年度からは「CSR報告書」を、毎年1回発行しています。
 「NTT東日本グループCSR報告書 2007」では、『事業を通じた社会の課題解決への貢献』をコンセプトとし、レイアウト変更や、社員の声の掲載等を実施し、より親しみのある読み易い構成にしました。
 また、小学校5、6年生にNTT東日本グループのCSR活動を「会社見学」というスタイルで理解していただくように、別冊『会社のつうしんぼ』を昨年に引き続き発行します。

 NTT東日本グループのCSR活動は、以下のホームページでも紹介しています。
〔CSR活動〕トップページ http://www.ntt-east.co.jp/csr/
 なお、「NTT東日本グループCSR報告書 2007(Web版)」は、平成19年10月9日(火)からホームページ掲載します。


<主なポイント>

1.「座談会」
 株式会社日本総合研究所 総合研究部門理事・主席研究員の新保豊氏と「宣伝会議」編集長の田中里沙氏をお招きし、NTT東日本グループは「身近な総合ICT企業」として社会の期待にどう応えていくか、をテーマに弊社代表取締役社長の高部豊彦と意見交換をしていただいた様子を座談会形式で掲載しています。

2.「特集記事」
 NTT東日本グループが、事業活動の中で課題として強く認識している「安心・安全なコミュニケーション」をテーマに、2006年9月から2007年5月にかけて複数回発生したひかり電話の故障についての対応状況や改善にむけた取り組み、および、社員が小学生に対して的確なコミュニケーションとマナーを教える出前授業「ネット安全教室」の2つをご紹介しています。


[News Release トップ]