Topics

平成18年10月31日


『NTT東日本グループCSR報告書 2006』の発行について


NTT東日本グループは、「人と社会のコミュニケーション」「人と地球のコミュニケーション」「安心・安全なコミュニケーション」「チームNTTのコミュニケーション」の4つをCSR活動のテーマとして全社的に展開しています。これは、2006年6月に制定された「NTTグループCSR憲章」に基づくものです。
さらに本年度は、小学校5、6年生を対象とした別冊「会社のつうしんぼ」も発行します。


 NTT東日本では、コーポレートガバナンス・企業倫理・環境保全活動・社会貢献活動等に対する取り組みと実績について、「NTT東日本グループCSR報告書2006」を発行します。これは、2000年度に「環境報告書」を発行以来、継続して取り組んできたものです。
 本冊子では、上記のテーマごとに、私たちの活動を読みやすい構成でご紹介します。また、小学校5、6年生にNTT東日本グループのCSR活動を「会社見学」というスタイルで理解していただくように、別冊として『会社のつうしんぼ』も制作いたしました。
 なお、NTT東日本グループのCSR活動は、以下のホームページでもご紹介しています。
 〔CSR活動〕トップページ http://www.ntt-east.co.jp/csr/


<主なポイント>

1.「座談会」
 “座談会”として、一橋大学副学長 大学院商学研究科教授の伊藤邦雄氏と株式会社インテグレックス代表取締役社長の秋山をね氏をお招きし、「NTT東日本グループのCSR経営」及び「企業ブランド価値」について、弊社代表取締役社長の高部豊彦と意見交換をしていただいた様子を掲載しています。


2.「ドキュメンタリー」
 幅広い読者に対して身近で分かりやすい内容とすることを目指し、災害対策や社会貢献活動に取り組む社員の活動をドキュメンタリーとして取り上げました。通信ネットワークを雪の脅威から守る社員の姿を紹介する「平成18年豪雪」、そして聴覚障がい者の方へのサービス向上と理解促進を目的に活動をする「NTTmimi−プロジェクト」の2つをご紹介しています。


[News Release トップ]