Topics

平成18年3月17日


「電報お祝いメッセージコンテスト」受賞作品の発表について
〜心のこもった「言葉のギフト」電報メッセージを
多数ご応募いただきました〜


「電報お祝いメッセージコンテスト」への547作品もの電報メッセージのご応募、誠にありがとうございました。
黒鉄ヒロシ氏、城戸真亜子氏を特別審査員に迎えた厳正なる審査の結果、グランプリをはじめとした14作品の受賞作品が決定しました。


 「言葉のギフト」である電報メッセージの温かみを広くお伝えすることを目的に、平成18年2月に開催した「電報お祝いメッセージコンテスト」につきましては、心温まる作品を多数ご応募いただきまして、誠にありがとうございました。

 厳正なる審査の結果、グランプリ1作品、準グランプリ3作品、入賞10作品を決定しました。

グランプリ受賞作品 倅(せがれ)が生まれた 飲みに来い
<シチュエーション> 25年前、親友からこのような電報が届きました。初めての誕生を本当に喜んでいるんだなあと、こちらまで嬉しくなったことを今でも思い出します。
<講評> 「余計なものがないところに清潔感を感じます。『倅』の部分を特に好みますね。『倅』によってほとんどのセンチメンタルな成分は蒸発して、一緒に祝える気分です。」(黒鉄ヒロシ氏)
「いいものは古くならないと、よく言われると思うのですが、このメッセージを読んだ時にすごくフレッシュな感じがしました。」(城戸真亜子氏)

 準グランプリ及び入選作品については、別紙をご覧ください。
受賞作品の詳細は、電報お申し込みインターネットサイト「D−MAIL(http://www.ntt-east.co.jp/dmail/)」にて、ご紹介します。

 NTT東日本は、大切な節目にご利用いただけるコミュニケーションツールとして、また“特別感”を演出するサプライズギフトとして、これからも皆さまからお預かりした大切な「言葉のギフト」電報を、心を込めてお届けします。



【別紙】


[News Release トップ]