News Release

平成15年6月20日


IPv6サービス実験の実施期間延長について


 NTT東日本では、「Bフレッツ」契約者を対象にIPv6*1を利用したサービス実験を、平成14年12月18日(水)から概ね6ヶ月間の予定で、東京23区および東京都下の一部地域にて実施しておりますが、さらに利用シーンの調査・検証を行うため、この度実験期間を6ヶ月間延長し平成15年12月までとします。

*1  IPv4の次期バージョンにあたるインターネットプロトコル。128ビットの広大なアドレス空間を持ち、ネットワークの自動設定やセキュリティの技術を標準で実装しているという特徴を持つ。


1.IPv6サービス実験の概要

本サービス実験にご参加いただいたモニターにIPv6アドレスを付与いたします。
提供するIPv6アドレスは、端末毎にユニークなアドレスであり、それに対応した任意の端末名をDNS*2等に登録して利用することが可能です。
本サービス実験の概要図及び実施対象局番につきましては、別紙1の通りです。

*2  Domain Name System の略称。ドメイン名とIPアドレスを変換するシステム。


2.IPv6サービス実験の実施状況と延長の目的

 本サービス実験については、さまざまな利用形態に合わせた機能の追加を行い、約600名のモニターにご参加いただいているところです(実施経緯は別紙2の通り)。
 今回、実験期間を延長することにより、より具体的な利用シーンの調査・検証を行うことともに、より多くのお客様にご利用いただくため、「フレッツ・ADSL」契約者にもご参加いただけるよう検討をすすめてまいります。なお、詳細な実施時期等に関しましては、準備が出来次第別途ご案内させていただきます。


3.IPv6サービス実験への参加お申し込み、お問い合わせ先

(1) 本サービス実験への参加お申し込みは、フレッツ・スクウェアから受け付けます。
(2) 本サービス実験に関するお問い合わせは、フレッツ公式ホームページ上のお問い合わせフォームにて受け付けます。

【フレッツ公式ホームページ】
http://flets.com


【サービスに関するお問い合わせフォーム】
https://flets.com/ipv6/ipv6query.html

【故障・技術に関するお問い合わせフォーム】
https://flets.com/ipv6/tec-support.html



別紙1
別紙2


[News Release トップ]