News Release

平成15年1月16日


食品業界向けフレッツ・シリーズ対応パッケージ商品
「食品食材電子商取引パック for フレッツ」の販売開始について


 NTT東日本は、フレッツ・シリーズとインターネット接続サービス、食品・食材業界向けの電子商取引システムをオールインワンでご提供する「食品食材電子商取引パック for フレッツ」を、平成15年1月17日(金)より販売開始します。


1.サービス概要
 「食品食材電子商取引パック for フレッツ」は、NTT東日本のフレッツ・シリーズ(Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN)と、NTT東日本がお取次ぎ可能なインターネット接続サービス、および食品食材のeマーケットプレース機能と受発注システム機能を有するASPサービスを組み合わせて提供する商品で、食品・食材業界において低価格かつ簡易に導入いただけるパッケージ商品です。
提供会社については、別紙1をご参照ください。


2.特徴
(1)eマーケットプレース機能
 eマーケットプレース機能とは、売り手・買い手共に複数の事業者が参画するオープンな電子取引を可能にする機能です。本機能を利用することにより
【売り手側企業】 調達情報の入手、販路拡大、自社商品PR、在庫処分等をシステム上で強力に支援します。
【買い手側企業】 食材コストの削減、差別化商品の発掘、緊急調達対応、バイヤーの調達稼動削減等が可能となります。

(2)受発注システム機能
 帳票機能、入出庫管理等、多彩なシステムメニューを有する受発注システム機能の利用により
買い手側の企業は、売り手側企業と共通のシステムを使って発注できるため、売り手側の企業毎(商品毎)の区々な形態で発注するのではなく、統一的な一括発注が可能となります。
買い手側の企業は、全ての仕入情報(本部、店舗、取引先別等)がリアルタイムで把握でき、迅速な分析や経営判断が可能となります。
双方が共通システム上で受発注を行うため、納期やロット等の受発注内容の伝達ミスがなくなります。
伝票が全てデータ化され、煩雑な種々の伝票記入や管理が効率化されます。

(3) 高速・大容量で業務効率アップ
 NTT東日本のフレッツ・シリーズにより、上記の機能をよりスムーズにご利用いただけます。

(4) 安心決済代行システム
 決済代行サービスをASPオプションでご用意し、取引の安全性を確保すると同時に、取引口座の一本化による、複数契約時の経理業務の負担軽減もサポートします。

(5)万全な工事・保守の提供
 NTT東日本の豊富な経験とノウハウを活かした最適な工事・保守を提供することに加えて、導入後も、提供会社より利用方法等を手厚くサポートします。


3.パッケージ構成

3.パッケージ構成


4.想定される利用業種
【売り手側の企業例】 食品メーカー、水産加工業者、農業経営者、特産品業者、食材卸問屋 等
【買い手側の企業例】 外食、スーパー・小売り、ホテル・旅館、通販、食品メーカー、食材卸問屋 等
受発注システム機能については、10店舗以上を有する中規模以上の買い手側企業にご導入いただくことを想定しています
具体的な利用イメージは、別紙2の「食品食材電子商取引パック for フレッツ」利用イメージをご覧ください。


5.販売価格
(1)導入費用
 3,850円〜
既設パソコン有、レンタルモデムをお客様にて取付け、フレッツ・ADSL電話共用型の場合
フレッツ・シリーズの開通にかかる費用のみ(ASPに関する導入コストは不要)

(2)月額利用料金
<1>買い手側企業の場合 8,385円〜
<2>売り手側企業の場合 28,385円〜
売り手側企業で受発注システム機能のみ利用の場合:3,385円〜+買い手側企業との月間取引額の1%(月間取引額が10万円未満の場合は無料)
上記費用は、利用するサービス内容、お客様の設備状況等によって異なります。


6.提供エリア
 NTT東日本エリアのフレッツ・シリーズの提供エリア
提供可能エリアは以下のURLを参照してください。
http://flets.com/


7.販売開始時期
 平成15年1月17日(金)



別紙1: 「食品食材電子商取引パック for フレッツ」NTT東日本お取次ぎ可能商品一覧
別紙2


[News Release トップ]