News Release

平成13年6月28日


「フレッツ・ISDN」及び「フレッツ・ADSL」の
料金値下げ等について


 NTT東日本は、現在提供中のインターネット向け完全定額制サービス「フレッツ・ISDN」及び「フレッツ・ADSL*」について、お客さまからのご要望等にお応えするため、平成13年7月16日(月)から料金の値下げを実施することとし、本日、総務大臣に届出を行ないました。
 また、今後より広範な地域でご利用いただけるよう、更なる提供地域の拡大を行ないます。

Asymmetric Digital Subscriber Line(非対称ディジタル加入者回線)


1.月額利用料の値下げ

(1)値下げの内容

月額利用料の値下げ

 上記のほか、「ADSL接続サービス(タイプ1)」についても、電話回線と共用する場合で3,000円(現行:3,250円) 、電話回線と共用しない場合で4,650円(現行:4,900円)へ月額利用料の改定を行います。
 なお、学校向け特別料金プランについては、現行料金からの改定はございません。

(注1) INSネット基本料金が別途必要です。なお、本サービス以外の通信をご利用になる場合は、通常のINSネットの通信料が必要になります。
(注2) 加入電話の基本料金が別途必要です。なお、本サービス以外の通信を加入電話でご利用になる場合は、通常のダイヤル通話料が必要になります。
ご利用にあたっては、月額利用料のほか、契約料、工事費、インターネットサービスプロバイダ(ISP)様のご利用料金等が必要となります。
契約料及び工事費、機器利用料、屋内配線利用料については、変更ありません。
現在本サービスをご利用のお客様は、新たに手続きを行っていただく必要はありません。

(2)実施時期

 平成13年7月16日(月)

(3)お客さまからのお申し込み、お問合せ先

 ・ 『116』 受付時間: 午前9時〜午後5時
年中無休(年末年始を除く)
 ・ ホームページでのお申し込み
 
URL:http://www.ntt-east.co.jp/flets/


2.提供地域の拡大

 「フレッツ・ISDN」については、平成13年度第2四半期を目途に、また、「フレッツ・ADSL」については、平成13年内を目途に、需要を勘案しつつ、全市制施行都市へ拡大する予定です。
 また、全市制施行都市へ拡大することにより、両サービスともに東日本エリアの概ね85%のお客様をカバーすることになります。

 なお、当面、提供地域の拡大を予定している都市は別紙1別紙2のとおりです。


3.フレッツ・シリーズの申込状況等について

 これまで、「フレッツ・ISDN」、「フレッツ・ADSL」ともに、予想を上回るお申し込みを頂いたため、開通までに長期間お待ちいただく場合もあり、ご迷惑をお掛けしておりましたが、運用方法の改善及び体制等の強化を進め、現在、概ね順調に開通が可能な状況となっております。
 また、平均開通期間を7月には3週間程度、9月には2週間程度となるよう、更なる早期提供に取組んでおります。

 なお、サービス開始時からの申込状況は、別紙3のとおりです。



別紙1「フレッツ・ISDN」提供拡大地域
別紙1−(参考)「フレッツ・ISDN」の現行サービス提供地域
別紙2−1「フレッツ・ADSL」提供拡大地域
別紙2−2「フレッツ・ADSL」提供拡大地域
別紙2−(参考)「フレッツ・ADSL」の現行サービス提供地域
別紙3 NTT東日本におけるフレッツ・シリーズの申込状況等について
(参考)ADSL利用料金の変遷(米国との比較)


[News Release トップ]