News Release

平成12年10月18日


「Lモード」の提供計画について



 NTT東日本およびNTT西日本は、家庭の電話機等*1から、情報検索やメールの送受信等のインターネットサービスが利用できる「Lモード*2」を来春より開始する予定です。

*1「Lモード」に対応している電話機、ファクス等
*2「L」は、Living(生活)、 Lady(女性向けメニューが豊富)、Local(地域に根ざした)、Large(大きい画面、大きいボタン)等を意味します。


1.サービス提供の意義

 日本のインターネットユーザ人口は、3000万人を超えようとしています。「iモード」等、携帯電話からのインターネット利用もこの1年で爆発的な伸びを見せました。
 しかし、インターネットユーザは依然として20代から30代の学生・社会人が中心であり、主婦や子ども、中・高年層には、まだまだ普及していないのが現状です
 こうした状況に対してNTT東日本とNTT西日本では、これまでパソコンや携帯電話等をご利用されていない方々にも、家庭の電話機等から、インターネットに親しんでいただけるよう、「簡単・便利・安価」なサービス、「Lモード」を提供します。

2.サービスの概要

 「Lモード」は、加入電話及びINSネット契約者を対象に、家庭の電話機・ファクス等から、「簡単・便利・安価」に、文字や簡易な画像を中心とした情報の検索やメールの送受信ができるサービスです。
 また、ICカード公衆電話機からもサービスの利用が可能です。

 現在予定している利用イメージは次のとおりです。

(1)情報検索サービス
<1>地域情報:電話番号情報、天気予報、タウンガイド、行政サービス情報、お買得情報等
<2>在宅取引:バンキング、通信販売、出前・宅配、チケット予約、NTT東日本・西日本サービスの申し込み等
<3>生活支援情報:医療・福祉情報、故障修理の連絡先、レシピ等
<4>教養娯楽情報:講座情報、スポーツ情報、ニュース、グルメガイド、旅行情報等
(2)メールサービス
<1>Lメール:最大2000字のメールをやりとりできるサービス
<2>Sメール:最大40字のメールを安価にやりとりできるサービス
  ※Sメールについては、INSネット契約者のみご利用いただけます。

メールアドレスは、「お客様の電話番号@pipopa.ne.jp」となります。
 ※電話番号の部分はお客様の希望されるメールアドレスに変更可能です。


<サービスイメージ>

サービスイメージ


3.サービスの特徴

(1)「簡単」
○簡単設定、簡単操作
パソコンのような初期設定は不要(Lボタンを押すだけで自動設定)
大きな画面、大きな文字、大きなボタン
メニューによる選択方式
ファクスでは、画面情報のプリントアウトが可能
ホットスタンバイ(=電話機は常に利用可能な状態)
「Lボタン」を押すだけで、いつでも、すぐに利用可能
メールの到着もいつでもわかる

(2)「便利」
手軽にメールの送受信
日々の生活で役立つ情報
地域に密着した情報

(3)「安価」
月々の基本使用料は数百円程度を予定
(通信料は通常の通話料です)

4.コンテンツ・プロバイダ、通信機器メーカの方とのコラボレーション(共同作業)の推進

 「Lモード」の提供には、コンテンツ・プロバイダ(情報を提供される企業)の方や通信機器メーカの方のご協力が必要となります。
 お客様にとってより使いやすい、魅力的なサービスとなるよう、皆様とのコラボレーションを推進していきます。

<コンテンツ・プロバイダがコンテンツをご提供いただくための条件>
コンテンツの記述言語は簡易HTMLを使用します。
Lモード・ゲートウェイへの接続について、専用線経由またはインターネット経由の選択が可能です。
情報料回収代行を利用することが可能です。
情報料は月額定額で上限値は数百円を予定しています。

 なお、11月下旬にコンテンツ・プロバイダ、通信機器メーカの方を対象に、それぞれ本サービスに関する説明会を開催します。参加を希望される方を電子メールにて受け付けます。 
電子メール宛先:[NTT東日本]L-info@sinoa.east.ntt.co.jp
[NTT西日本]L-info@west.ntt.co.jp
(締め切り:平成12年10月31日)

お申し込みの際は、企業名、氏名、電話番号、希望する説明会(コンテンツ・プロバイダ向け、通信機器メーカ向け)の記入が必要です。

5.契約方法、料金等

 詳細は未定です。決まり次第お知らせいたします。

6.その他

 11月上旬から本サービスに関するホームページを開設する予定です。
http://www.ntt-east.co.jp/[NTT東日本]
http://www.ntt-west.co.jp/[NTT西日本]



サービス対応 コードレス子機
サービス対応 コードレス子機(イメージ)
サービス対応 コードレス電話機
サービス対応 コードレス電話機(イメージ)

サービス対応 コードレスファックス
サービス対応 コードレスファクス(イメージ)



【参考】 「Lモード」利用意向市場調査結果


[News Release トップ]