NTT Medical Center Tokyo

ホーム
戻る

産婦人科

扱う疾患・特色
  • 産婦人科は女性特有の疾患を扱う科です。生命の誕生である分娩をはじめ、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの良性疾患から子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなどの悪性疾患まで多岐にわたります。また、生殖に関わるトラブルは不妊症として、閉経前後の身体のトラブルは更年期障害として扱います。以上から、産婦人科では女性の各ライフステージにおける疾患を対象にしています。
  • 昭和27年に関東逓信病院として開院し、以後約60年間で50000人以上の分娩を取り扱った伝統ある産婦人科であるとともに、NTT企業立病院として他に先駆けて統合的電子化診療システムを導入し、治療方針についての十分な説明と効率的な診療計画(クリティカルパス)の明示により、患者さんに納得のいただける医療の提供を心がけて参りました。
  • 当院は地域の中核病院であり、がん診療拠点病院に指定されており、3名の婦人科腫瘍専門医を含む9名の産婦人科医が集学的治療を行っております。
外来担当医
  産科 婦人科
月曜日 午前:鈴木
午後:鈴木
角田・喜多川・榊原
角田
火曜日 午前:佐藤
午後:忠内 
忠内・喜多川・上野山
喜多川
水曜日 午前:喜多川
午後:朝見 
角田・忠内
角田・忠内  
木曜日 午前:杉田
午前:杉田 
佐藤・近藤・杉田
近藤
金曜日 午前:朝見
午後:近藤 
杉田・佐藤
杉田・佐藤
  • 全て予約制です。
  • 休診などの情報はPC版HPでご確認下さい。
  • 上記外来の他に、助産師が妊婦健診を行う助産外来があります。
婦人科領域について

婦人科癌

  • 婦人科がん(子宮がんや卵巣がん)の診断・治療にあたり、婦人科腫瘍専門医のみならず、放射線治療専門医、緩和ケアの専門医と協力したチーム医療を提供します。また、各診療科が充実しているため、心疾患や糖尿病などの合併症をもつ患者さんにも対応しています。
  • 最近は、病院や主治医によって治療法が著しく異なることがないように、婦人科がん治療ガイドラインというマニュアルにより標準化が示されていますが(http://www.jsog.gr.jp/)、私たちは、これらのガイドラインを遵守して治療法を患者さんご本人と直接相談しながら決めていきます。

良性腫瘍

  • 子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症、子宮脱などの疾患には、腹腔鏡下手術を中心とした手術療法、ホルモン療法などを行います。
  • 腹腔鏡下手術を積極的に取り入れております。早期の社会復帰を目指すために、単孔式(SILS)や、子宮体がんに対する腹腔鏡下手術を取り入れています。
妊娠中の健診・ケア
  • 総合病院のメリットを生かし、お母さん、赤ちゃん、ご家族をチームでサポートいたします。都市部で出産するお母さんが、“安全に、安心して子産み子育てできる”医療を目指しています。産後は疲れを充分に癒せるよう、「無理をしない・頑張り過ぎない」をモットーとし、助産師が寄り添いながらお母さんが母親役割を担っていくための自律を支えます。
  • 周産期センターではなくNICU(新生児集中治療室)がないため、ハイリスク妊娠の場合や、早産の可能性が高い場合などは、周産期センターに紹介、あるいは母体搬送をさせていただくことがあります。
  • 妊婦健診の他に、様々なケアを取り入れており、楽しい妊婦生活を送ることができるようなお手伝いをしています。
    ・助産外来
    ・母親学級・両親学級
    ・マタニティ・ヨーガ
    ・助産ケア (完全予約制の助産師による個別相談です。)
お産後の入院
  • 入院期間
    経腟分娩では産後5日目、帝王切開では産後7日目の退院です。
  • 母児同室
    赤ちゃんは、日中は母児同室、夜間は新生児室で過ごします。お母さま方は夜はお休みいただけます。
  • ご面会
    お母さんとの面会時間
    平日    :15時~20時
    土日・祝日:13時~20時
    赤ちゃんのガラス越し面会時間
    15:30-15:50,18:30-18:50
  • 産後ゆったり入院&パパ育児
    入院期間を1~2泊延泊できるプランです。
  • 授乳クラス
  • 乳房マッサージ・母児育児・卒乳相談
  • 産後の食事
    3時には日替わりのおやつをお楽しみください。

PCサイトへ