関東病院


研修評価

1 研修医評価

研修期間中の研修医評価については、「臨床研修における到達目標」の達成度及び「臨床 医としての適性評価」により実施する。

  • (1)「臨床研修における到達目標」の達成度
    1科の研修が修了した時点で、研修医の自己評価及び指導医評価を別添「到達目標チェッ クリスト」により実施する。
  • (2)「臨床医としての適性評価」
    1科の研修が修了した時点で各研修科の指導医、指導者、科部長評価を別紙「評価表」により実施する。
 

1 評価項目

【指導医】
知  識 臨床医学全般に関する知識
専門用語の理解
症状・診断・治療に関する知識
技  能 患者面接の技能
病歴を聴取し記載する技能
診療技術全般
会話を簡潔にまとめ、提示できる
態  度 研修中の態度全般
医師としての服装
時間の厳守
患者に対する態度
指導医・看護婦・同僚に対する態度
協調性
自己評価 自己評価能力
付  記
総合評価 A:優れている、B:普通、C:努力を要す、D:改めて研修を行う
【指導者】
1 患者の立場に立っているか(敬意・言葉遣い・共感的態度) 
2 指示の的確性 (ルールを守っているか、倫理的配慮はあるか)
3 チーム医療の視点はあるか(職種間のコミュニケーションはとれているか)
4 身だしなみ・服装について考慮しているか
付  記
総合評価 A:優れている、B:普通、C:努力を要す、D:改めて研修を行う
【科部長】
1 病歴記載 入院時、退院時、要約、迅速性等
2 医学知識 視野が広いか・文献を読んでいるか・知識の整理
3 診療技術 思考・診断の組み立て、判断力、患者把握・技術に修得
4 発表能力 症例まとめ要領、考察能力、表現能力、応答能力
5 対人関係 患者の接し方、医師・看護師・他職種と良い人間関係か
6 カンファレンス 出席率、質問・意見が出せるか
7 人物 自己本位・独断・感情優位はないか、誠実・責任感・信頼性、医師としての自覚
8 問題解決能力 問題解決能力
付  記
総合評価 A:優れている、B:普通、C:努力を要す、D:改めて研修を行う
  • (3) 2 評価段階
    A:期待される程度を大きく上回っている。
    B:期待される程度を上回っている。
    C:期待される程度であった。
    D:期待される程度を下回っている。
 

2 研修プログラム及び指導医評価

研修プログラムの質及び指導医の資質の向上に資するため、研修医は各診療科研修終了時に別紙「指導医評価アンケート」により指導医の評価を行う。