関東病院


選択科目研修プログラム:肺外科

15 肺外科

  1. 基本的事項の理解
    • GIO:放射線医療業務に関する基本的な知識、主義技術を習得する。
    • SBOs:
      1. 肺癌を理解し、その手術適応を知る。
      2. 自然気胸を理解し、その手術適応を知る。
  2. 患者の診察
    • GIO:一般的な診察を行い、それを客観的に伝える。
    • SBOs:
      1. 病歴・身体所見を必要十分にとることができる。
      2. 胸部の理学所見(とくに聴診・呼吸運動)をとることができる。
      3. 入院全経過を通じて、患者との良好な関係を維持できる。
      4. 必要事項をカルテにSOAPを用いて正確に記載できる。
      5. カンファランス時などに正確に発表することができる。
  3. 画像読影
    • GIO:胸部単純X線画像・胸部CT画像に慣れ親しむ。
    • SBOs:
      1. 胸部単純X線画像の正常像を理解する。
      2. 胸部CTの正常像を理解する。
      3. 肺癌の胸部単純画像を理解する。
      4. 肺癌の胸部CT画像を理解する。
      5. 肺癌以外の胸部単純画像を理解する。
      6. 肺癌以外の胸部CT画像を理解する。
  4. 気管支鏡
    • GIO:気管支鏡検査の必要性と安全性(危険性)を理解する。
    • SBOs:
      1. 検査に参加して、正常気管支鏡所見を数多く経験する。
      2. 検査に参加して、前処置(咽喉頭麻酔など)を実施できる。
      3. 検査に参加して、患者さんの苦痛を共有する。
  5. 術前術後管理
    • GIO:手術を成功に導くもの、すべては周術期管理にあることを体得する。
    • SBOs:
      1. ルーチンの術前検査を必要十分に施行できる。
      2. 禁煙や運動などの術前の必要事項を、患者に説明指導できる。
      3. すべての術後管理に参加して、術後管理の大原則を実際に理解する。
      4. 術後ICU管理を、スタッフの一員として経験する。
      5. 術後水分管理を、スタッフの一員として経験する。
      6. 胸腔ドレーン管理(吸引・水封・抜去)のタイミングを勉強する。
      7. 胸腔ドレーンを抜去することができる。
  6. 術前術後管理
    • GIO:手術の雰囲気を知り、その責任をスタッフの一員として共有する。
    • SBOs:
      1. 胸腔内のマクロの解剖を充分に理解する。
      2. オーソドックスな開胸・閉胸を術者として行うことができる。
      3. 胸腔鏡の挿入・抜去を術者として行うことができる。
  7. 呼吸器外科的な基本手技・処置
    • GIO:呼吸器外科的な基本手技・処置を多く経験する。
    • SBOs:
      1. 超音波で胸水の診断ができ、安全に胸水穿刺ができる。
      2. 胸腔ドレーン(トロッカー)の挿入ができる。
  8. 患者あるいは家族との面接
    • GIO:患者あるいは家族に対する基本姿勢を学び、意識を共有する。
    • SBOs:
      1. すべての術前説明に同席する。
      2. 可能なかぎり、術後結果説明に同席する。
      3. その他必要で開かれる患者あるいは家族との面談に出席する。