関東病院


選択科目研修プログラム:呼吸器科

6 呼吸器科

GIO:
  1. 一般臨床医として診療を求められる呼吸器疾患(肺炎、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、 気胸、急性気管支炎、胸膜炎)について、診断、治療ができるようになる。
  2. 専門的治療を要する呼吸器疾患(肺癌、間質性肺炎、縦隔腫瘍、膿胸等)については、診断プロセスを修得し、治療の基本的方針を理解した上で、専門医に適切なコンサルトがで きるようになる。
  • SBOs:
  1. 基本的手技
    1. 胸部単純X線画像、胸部CT画像の基本的な読影法を修得する。
    2. 呼吸器疾患への超音波検査の適応を理解し、基礎的な活用ができるようになる。
    3. 動脈血ガス分析、肺機能検査の結果を正しく理解できるようになる。
    4. 胸腔穿刺法、胸腔チューブの挿入方法、胸腔チューブ抜去のタイミング・方法を修得する。 低圧持続吸引の原理を述べることができる。
    5. 気管内挿管の手順、注意点を理解し、介助者と一緒に行うことができるようになる。
    6. 人工呼吸管理の基本的原理を理解する。
    7. 気管支鏡検査の手順を理解し、介助ができるようになる。
  2. 一般臨床医の対象となる疾患
    1. 肺炎(急性気管支炎、肺化膿症を含む)
      診断上必要な検査を選択し、指示することができる。
      適切な抗生剤の選択ができ、治療効果の評価ができるようになる。
      入院基準、退院基準を述べることができる。
    2. 慢性閉塞性肺疾患
      定義、診断基準を述べることができる。
      急性増悪及び、安定期の基本的治療ができるようになる。
      在宅酸素療法の適応と外来管理上の注意点をのべることができる。
    3. 気管支喘息
      喘息発作に対する基本的な治療ができるようになる。
      喘息の治療薬の理解(コントローラーとレリーバー)と適切な使用ができるようになる。
    4. 胸腔チューブ挿入の適応、外科的治療の適応を述べることができる。
      再発症例に対する基本的な治療方針を理解し、治療を進めることができる。
    5. 胸膜炎(胸水貯留例)
      鑑別診断をあげ、そのための適切な検査項目を選択し、指示することができる。
  3. 専門的治療を要する疾患
      1. 肺 癌
    診断のための必要な検査を指示することができる。
    臨床病期診断ができ、病期毎の基本的な治療方針を述べることができる。
      2. 間質性肺炎
    鑑別診断をあげ、そのための適切な検査項目を選択し、指示することができる。
    急性増悪の症状、病態を述べることができる。
      3. 縦隔腫瘍
    鑑別診断をあげ、そのための適切な検査を選択し、指示することができる。
    基本的な治療方針を述べることができる。
      4. 膿 胸
    膿胸の定義を述べることができ、診断に必要な検査を選択し、指示することができる。