関東病院


選択科目研修プログラム:緩和ケア科(2年次必修)

2 緩和ケア科(2年次必修)

  • GIO:悪性腫瘍終末期における種々の身体症状・精神症状・スピリチュアルペイン・社会的苦痛を もつ患者を診察し、諸症状を理論的に診断したうえ、全人的立場からQOLを維持するため の初歩的な医学技術・処置およびコミュニケーションスキルを習得する。また医療者として 家族への配慮の必要性を認識する。
  • SBOs:
  1. 病状が終末期である根拠(現代の医学では治癒が困難である事実)を正確に理解し述べることができる。
  2. 患者、家族の苦痛およびそれに対する感情をくみとり、診療録に分析的な記録をすることができる。
  3. 問診・理学的所見を中心に、侵襲度の低い検査を補助的手段として、終末期諸症状の病因を把握・理解し、診療録に記載し、患者・家族にわかりやすい言葉で説明ができる。
  4. 集学的医療チーム(interdisciplinary team)の一員として、緩和ケアにかかわるさまざまな職種のスタッフと良好なコミュニケーションが保てる。
  5. 患者・家族との会話を重視し、相手の感情に配慮しながら、共感的応答、開かれた質問、真実の伝達、教育的かつ治療的コミュニケーションを行える。
  6. がん性疼痛を評価し、非薬物的治療の有効性と限界を把握するとともに、薬剤治療の必要性を判断することができる。
  7. 医療用麻薬の取り扱いに関する基礎的知識を習得する。
  8. がん性疼痛に対するオピオイドを含めた各種鎮痛薬の作用・副作用を理解し、患者・家族にわかりやすく説明することができる。
  9. 症状緩和やケアに対して、インフォームドコンセントを得る。
  10. QOLを向上・維持させるための侵襲的医療処置(中心静脈カテーテル挿入、胸腔穿刺、腹腔穿刺など)の適応を判断する能力と手技を習得する。
  11. 死を美化することも、忌避することもなく、死への過程に敬意を払い、患者に死が訪れるまで、生きていることに意味を見いだせるような治療・ケアの基礎的技術を習得する。
  12. 臨死期にあたり、家族教育や家族ケアの重要性を理解する。