関東病院


選択科目研修プログラム:放射線科(2年次必修)

1 放射線科(2年次必修)

  • GIO:放射線医療業務に関する基本的な知識、主義技術を習得する。
  • SBOs:放射線検査(単純X線、CT、MRI、US、血管造影など)の実際の施行法を知り、種々の疾患の 画像診断を学習する。被曝軽減に関する基本的な放射線防護も理解する。
  1. X線診断
    各検査の適応、禁忌を理解し、指導医のもとその実際にその検査を指示、実施できる。異常所見を読  影指摘し、鑑別診断を挙げる。検査による副作用や合併症を述べることができる。
    1. 単純X線撮影
    2. 経静脈性排泄性腎盂造影
  2. CT検査
    各検査の適応、禁忌を理解し、指導医のもとその実際にその検査を指示、実施できる。異常所見を読 影指摘し、鑑別診断を挙げる。検査による副作用や合併症を述べることができる。
    1. 頭部CT
    2. 胸部CT
    3. 腹部CT、その他のCT
  3. MRI検査
    基本的なMRIの原理、検査の実際を理解し、適切な撮像方法を指示できる。撮影された画像を読影し、 異常所見を指摘し診断することができる。
    1. 全身MRI
    2. MR angiography
  4. 腹部超音波検査
    超音波の原理を理解し、指導医のもと実際に検査を行い、診断レポートを作成する。
    1. 腹部超音波検査
  5. 血管造影検査
    血管造影の適応、禁忌を理解し、指導医のもとその実際にその検査を指示、実施できる。異常所見を 読影指摘し、鑑別診断を挙げる。検査による副作用や合併症を述べることができる。
    1. 頭部血管造影
    2. 腹部血管造影
  6. 核医学検査
    基本的核医学検査について、その適応を判断し、指示することができるとともに、その結果を分析する。また、主要な放射線同位元素および放射線医薬品について、その取り扱いの注意すべき点について述べることができる。
    1. 静態検査:骨シンチ、腫瘍シンチ、その他
    2. 動態検査:RIアンギオグラフィー、その他
  7. 放射線治療
    基本的核医学検査について、その適応を判断し、指示することができるとともに、その結果を分析する。また、主要な放射線同位元素および放射線医薬品について、その取り扱いの注意すべき点について述べることができる。
    1. 放射線治療について基本的な知識を修得し、放射線治療の適応、副作用およびその対策について述べることができる。