関東病院


指導・管理体制

研修管理委員会(研修医部会)

  1. 研修医部会をNTT東日本関東病院に設置する。
  2. 研修医部会は、管理型病院(NTT東日本関東病院)の研修管理委員長、プログラム責任者、診療科代表委員、看護部門代表委員、コ・メディカル部門代表委員、事務部門代表委員、協力型臨床研修病院(NTT東日本伊豆病院、大森赤十字病院)委員、院外委員、事務局、研修医の代表により構成される。

  3. 研修医の代表は研修医部会ごとに交代で委員として研修医部会に参加する。
  4. 委員の任期は1年度とし、再任を妨げない。ただし、委員に欠員が生じた場合の後任者の任期は、前任者の残任期間とする。
  5. 研修医部会は、研修プログラムおよび臨床研修医の全体的な管理を行う。
    (1)研修プログラムの全体的な管理に関すること
      プログラム作成および改定、各研修プログラム内での相互調整および評価。
    (2)研修医の全体的な管理に関すること
      臨床研修医の評価、処遇、健康管理等のほか、研修修了の判定の上申。
    (3)研修医の採用に関すること
    (4)地域における当院の臨床研修の評価など、その他臨床研修に関すること
 

研修医部会の開催

  1. 研修医部会は原則として毎月1回開催することとする。
  2. 委員長は開催にあたり委員以外の者の出席を求め、説明又は意見を聞くことができる。

病院長

病院長は病院管理者として、医療法、臨床研修に関する厚生労働省令その他関係法令に則り、研修医及び研修医部会の指導・監督にあたる。

プログラム責任者

  1. プログラム責任者は、研修プログラムの企画立案ならびに実施の管理を行う。
    また、研修医に対する助言、指導その他の援助が円滑となるよう研修指導体制の充実を図る。
  2. プログラム責任者は臨床経験7年以上で関連学会の専門医又は認定医で、医長以上の者とする。
    なお、プログラム責任者講習及び指導医講習を受講(受講予定を含む)していること。
  3. プログラム責任者は研修医部会でプログラム毎に各1名を選定のうえ院長に上申し任命する。

科部長

  1. 科部長は、研修医ごとに臨床研修の目標の到達状況を把握しながら研修プログラムに基づき研修医に対する教育指導を行う。
  2. 科部長は研修医の当該診療科における研修終了時に臨床研修の目標の達成度について、研修医の自己評価をチェックし達成度を評価する。臨床医としての適性については、診療技術面のみでなく、職種間連携やコミュニケーション能力を含めた多面的な評価を行い、研修医部会へ報告する。

指導医

  1. 指導医は、上級医等の協力を得て研修医ごとに臨床研修の目標の到達状況を把握しながら研修プログラムに基づき研修医に対する教育指導を行う。
  2. 指導医は7年以上の臨床経験を有しプライマリ・ケアの指導が可能な者とする。
    なお、指導医講習を受講(受講予定を含む)していること。
  3. 研修医の身体・精神心理面に配慮し、相談等に応じること。必要に応じて研修管理委員会に報告するなど適切な対応を行う。
  4. 指導医は研修医の当該診療科における研修終了時に臨床研修の目標の達成度について、研修医の自己評価をチェックし達成度を評価する。臨床医としての適性については、診療技術面のみでなく、職種間連携やコミュニケーション能力を含めた多面的な評価を行い、研修医部会へ報告する。

指導者

  1. 看護長は看護部門の指導者として看護職の立場から研修医に対する教育指導を行う。
    当該診療科における研修終了時には臨床医としての適性についての評価を行い、研修医部会へ報告する。
  2. コ・メディカル部門の責任者はコ・メディカル部門の指導者として各専門分野の立場から研修医に対する教育指導を行う。