関東病院


関東病院ホーム > 初期臨床研修プログラム > 研修修了・未修了について

研修修了・未修了について

研修の修了

(1) 修了基準

  1. 研修実施期間
    研修期間の間に以下に定める休止期間の上限を減じた日数以上の研修を実施していること。
    1. ア 休止の理由
      研修休止の理由として認めるものは、傷病、妊娠、出産、育児その他正当な理由であること。
    2. イ 必要履修期間等についての基準
      研修期間を通じた休止期間の上限は90日(当院で定める休日は含めない。)とする。
      各研修分野に求められている必要履修期間を満たしていない場合は、選択科の期間を活用 する等により、あらかじめ定められた研修期間内に各研修分野の必要履修期間を満たすよう努 めること。
    3. ウ 休止期間の上限を超える場合の取扱い
      研修期間終了時に研修休止期間が90日を超える場合には未修了となる。この場合、原則と して引き続き同一の研修プログラムで研修を行い、90日を超えた日数分以上の日数の研修を 行うこと。
      また、基本研修科目又は必修科目で必要履修期間を満たしていない場合にも未修了として取 扱い、原則として引き続き同一の研修プログラムで当該研修医の研修を行い、不足する期間以 上の期間の研修を行うこと。
  2. 到達目標の達成度
    「臨床研修の到達目標」で定められた必要項目全ての項目の達成度を評価されていること。
  3. 臨床医としての適性の評価
    第10項「研修評価」による評価結果を踏まえ以下の基準を達成していること。
    1. ア 安心、安全な医療の提供ができること。
    2. イ 法令、規則が遵守できること。

(2) 修了の認定

  1. 研修管理委員会は、研修医の研修期間の終了に際し、上記修了基準に基づき、管理者(病院長)に対し、研修医の評価を報告しなければならない。この場合において、研修管理委員会は、臨床研修中断証を提出し臨床研修を再開した研修医については、当該臨床研修中断証に記載された研修医の評価を考慮する。
  2. 管理者(病院長)は、前1の評価に基づき、研修医が臨床研修を修了したと認めるときは、速や かに、研修医に対して、臨床研修修了証を交付する。

研修の未修了

  1. 基本的考え方
    臨床研修の未修了とは、研修医の研修期間の終了に際する評価において、研修医が臨床研修の修了基準を満たしていない等の理由により、管理者が当該研修医の臨床研修を修了したと認めないことをいうものであり、原則として、引き続き同一の研修プログラムで研修を行うことを前提としたものである。
    病院管理者(病院長)及び研修管理委員会には、あらかじめ定められた研修期間内に研修医に臨床研修を修了させる責任があり、安易に未修了の扱いを行ってはならない。
    やむを得ず未修了の検討を行う際には、病院管理者及び研修管理委員会は研修医及び研修指導関係者と十分話し合い、当該研修医の研修に関する正確な情報を十分に把握する。
  2. 未修了の手順
    管理者は、(2)1の評価に基づき、研修医が臨床研修を修了していないと認めるときは、速やかに、研修医に対して、理由を付して、その旨を文書で通知する。
  3. 未修了とした場合
    当該研修医は原則として引き続き同一の研修プログラムで研修を継続することとなるが、その場合には、指導医1人当たりの研修医数や研修医1人当たりの症例数等について、研修プログラムに支障を来さないよう、十分に配慮する。