関東病院


関東病院ホーム > 医療連携

医療連携

紹介状持参のお願い

外来患者の皆さまにおかれましては、当院を受診される際はお近くの医院、クリニック、またはかかりつけの医師からの紹介状(診療情報提供書)をご持参いただきますようお願いたします。

※「かかりつけ医」とは、日ごろの診察や健康管理をはじめ、なんでも気軽に相談できる、身近な地域のお医者さんのことです。初めて当院を受診される方はかかりつけの医師に相談し、病状をきちんと評価してもらった上で最も適した専門科を紹介していただくことが円滑に治療を行うことにつながります。

高度な医療を提供するために

  1. 当院は、高度な医療の提供を行う急性期の医療機関です。
  2. 当院は、外来診療にあたり、地域医療機関との機能連係・分担を推進するため、日常的な医療(よくかかる疾患)をかかりつけ医が担当し、非日常的な医療(かかりつけ医では対応困難な疾患)をかかりつけ医の紹介によって当院の専門医が担当するように進めています。健康診断のための検査の場合は、人間ドックをお勧めしております。
  3. 日常的な疾患や、手術・治療等のあとで病状が安定化した場合には、担当医から地域医療機関への紹介を積極的にお勧めしております。こうした方向性は国からわたくしどもの病院に求められているものです。
    とくに今後の超高齢化社会の中で、当院が急性期病院として地域での役割分担を果たすべき責務についてご理解を賜りたいと思います。
  4. 地域医療機関への紹介後の病状変化等に伴う再診療、救急受入については、適切に対応いたしますので、再診療の場合にもかかりつけ医からの紹介状の持参をお願いいたします。長年当院に通院されている患者さん方にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど  よろしくお願いいたします。

厚生労働省は「医院・診療所」と「200床以上の病院」との機能分担を進め、「初期の診療は医院・診療所、専門医療は病院で」行うことを目的とし、平成8年4月にこの制度を設けました。
当院以外の医療機関の医師の紹介状をお持ちになられた方、公費の医療券 をお持ちになられた方については、この適応となりません。
(地方自治体独自の助成制度は、初診時の保険外併用療養費の特別料金の対象となりますのでご了承ください。)