関東病院


関東病院ホーム > 病院からのお知らせ > 施設のリニューアルについて

施設のリニューアルについて

化学療法室を移設・リニューアルしました

NTT東日本関東病院は、「地域がん診療連携拠点病院」として病院機能の充実を図り、より質の高い医療を提供することを目的に、平成24年4月16日(月)より化学療法室を移設・リニューアルしました。患者さんにとって「より安全に、より安心して」治療を受けていただけるものと考えています。

新しい治療室は、占有面積を400㎥に充実・拡張した上で、20ベッド(個室タイプ6ベッド、オープンタイプ14ベッド)に増やしております。

特徴

  1. 患者さんには、バーコード(患者番号)のついたリストバンドを着けていただき、患者確認、点滴実施内容の確認が行えるシステムを導入し、より確実な治療体制をつくりました。
  2. ベッドは、すべてリクライニングチェア(フルフラット方式)を設置し、1ブースあたりの面積もゆったりした空間としました。家族の方の付き添いも可能なスペースです。また、トイレ・洗面台も4か所に増やしております。
  3. ベッドにはそれぞれテレビ放映システムが整備されテレビ鑑賞や読書等ができるとともに、BGMも流すなど、患者さんが快適な環境で過ごせるようアメニティの充実を図りました。
  4. 各ベッドは個室あるいはカーテンで仕切ることが可能となっており、患者さんのプライバシー保護にも配慮しております。
  5. さらには、緊急時への迅速な対処のため、心電図・呼吸等のモニタリング装置も配備し、看護師が常にチェックできる環境を整えています。
治療時間:月〜金曜日 8:30〜17:00(予約制)
場所:外来2階 コンビニエンスストア横
※治療については、主治医にご相談ください。

2Fフロアマップ
フロアマップをクリックすると拡大画像が表示します。