関東病院


関東病院ホーム > 病院からのお知らせ > ペインクリニック情報 ポツリヌス療法の保険適用について

ペインクリニック情報 ポツリヌス療法の保険適用について

【ボツリヌス療法】

世界80カ国以上で様々な疾患に承認されているボツリヌス療法が、この度、日本においても「重度の原発性腋窩多汗症」という適応症で承認されました。(2012年11月)


今までは保険が適応されませんでしたが、これからは保険診療で治療できるようになりました。


効果は4-9ヶ月間持続します。また、治験のデータでは患者さんの96.2%において汗の量を50%以上減少させました。
副作用は2%と低く、代償性発汗などです。


外用薬で効果の見られなかった患者さんは、一度試しても良い治療です。一度ペインクリニック科受診してください。


詳しくはこちらへ(ペインクリニック科 ボツリヌス毒素注射について)