関東病院


関東病院ホーム > 病院からのお知らせ > 日本ペインクリニック学会が創設した「若杉賞」を当院医師が2部門で受賞!

日本ペインクリニック学会が創設した「若杉賞」を当院医師が2部門で受賞!

日本ペインクリニック学会では、基礎研究、臨床研究、症例、星状神経節ブロックの4部門において、その年最も優れた研究発表を「若杉賞」として表彰した。

ペインクリニックにおいて、もっとも用いられる神経ブロックに星状神経節ブロック(SGB)があるそうですが、当院ペインクリニック科医師の明石が、「ランドマーク法と超音波ガイド下による星状神経節ブロック造影所見の比較検討」の臨床研究で、従来の手で行う星状神経節ブロックと、超音波装置を使って行う星状神経節ブロックでの薬液の流れ方を画像で評価し、臨床研究の部門において受賞。

また、同科医師の本間が「腰痛が主訴であったALS(筋萎縮性側索硬化症)の1例」における症例を提示し、腰痛というありふれた症状のなかで、筋萎縮性側索硬化症というまれな疾患に出会ったということに対する考察などで受賞し、4部門中2部門において当院医師が「若杉賞」を受賞した。

若杉賞楯

集合写真