関東病院


関東病院ホーム > 病院からのお知らせ >  国際的な医療機能評価(JCI)の認証を取得しました

国際的な医療機能評価(JCI)の認証を取得しました。

このたび国際的な医療機能評価JCI(Joint Commission International:国際病院評価機構)から、東京の病院において初めて認証を取得いたしました。

JCIとは、米国の病院評価機構(JC)から発展し1989年から活動を行っている病院評価(国際版)です。 患者安全と医療の質の不断の改善は医療機関にとって永遠に不滅の命題であり、その命題を具現化すべく専門的な知識を持つ審査員が中立の立場で医療機関を多角的に審査・評価する組織としてJCが設立されており、日本医療機能評価機構もこれを手本として、1955年に設立されております。


認証の有無で保険会社の対応に差が生じる米国や、独自の病院機能評価を持たない韓国等とは事情は異なりますが、近隣アジア諸国(シンガポール、タイ、台湾、韓国、中国、フィリピン)でも取得している病院が多数あり、日本の医療水準が低く国際基準を満たす病院がないとの誤解を世界から受けかねません。

このような背景の下、NTT東日本関東病院では日本の医療水準が世界に劣っていないことを示すため、2011年3月7日〜11日の期間でJCIを受審しました。米国から訪れた審査員(サーベイヤー)による書類審査、トレース審査※1等を実施し、国際基準をクリア。日本で2番目、東京で初の認証取得となりました。


審査は、1220の広範な審査項目が文書として規定され、さらにそれがどのように実践・評価・見直されているかというPDCAサイクルを、病院スタッフ、患者さん等に対するインタビュー等により確認評価するという、実践的な方法で行われたものです。本認証を取得することができたことにより、患者さんからの信頼向上、さらには日本の医療職の誇りにも繋がるものと考えます。


当院としては、本認証取得をひとつの通過点として、患者安全及び医療の質の向上をさらに図っていくこととします。


※1
病院職員に対して、カルテの提出を求め、正しく同意を得られているか確認するだけでなく、患者さんにも質問し、病院職員が応えたとおりの説明がなされているかトレース(追跡)していく方法。
☆ JCIホームページ: http://www.jointcommissioninternational.org/新規ウィンドウで開く
2011年4月現在、世界46カ国、415病院を認証。