関東病院


関東病院ホーム > 病院からのお知らせ > 「連携診療科」を「総合診療科」に名称を変更しました。

「連携診療科」を「総合診療科」に名称を変更しました。

これまで、どの専門診療科に受診すればよいのかわからない患者さんの診療にあたる外来部門として「連携診療科」を設置しておりましたが、平成4月1日より名称を「総合診療科」に変更いたしました。

連携診療科は、様々な症状に対する診断、一般的な疾患への治療対応、及び健康診断後の相談などの診療を担当し、特殊な診断・治療が必要な際には専門診療科へ繋ぐなどの役目を担ってきました。その中で、より広い疾患に対して的確な評価と対応ができるように、昨年4月から感染症専門医による感染症外来を、また本年4月からは新たに膠原病専門医による膠原病リウマチ外来も開始しました。以前より、通常の外来診療のみならず、救急搬送を必要とする患者さんの初期治療並びに全身管理を必要とする重症患者の集中治療も行ってきました。このように「広く」また時に「深く」対応するとともに、当科が担当する患者さんは専門治療で対応困難な高齢の方が多数をしめます。臓器や身体機能が著しく低下し、家族構成や介護力などが大きく影響している患者さんには様々な視点からの評価と適した治療・ケアの選択が必要です。患者さんに最も必要なものは医療より介護であったり、投薬内容を見直す必要性もあったりします。入院中のみならず効果的なケアが継続されるためには、家族の参加や地域の協働が不可欠です。これらの実践のため、常に薬剤師・リハビリテーション科・栄養士・ソーシャルワーカーなどの多職種と協働連携して総合的な診療を行っています。

このような機能を持つようになり科名を総合診療科へ変更しました。患者さんに合わせ最適な診療が提供できることを目標とし努力していきます。