関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 産婦人科 > 腹腔鏡手術 > 腹腔鏡下子宮体癌根治手術

腹腔鏡下子宮体癌根治手術

子宮体癌は、従来は開腹(お腹を15〜30cm切開すること)によって子宮、両側付属器(卵巣、卵管)、骨盤リンパ節(場合にはよっては傍大動脈リンパ節)を摘出していました。
しかし、2014年4月から早期子宮体癌に対して腹腔鏡手術を保険で行うことができる様になりました。当院では、施設要件を満たしているため治療が可能となっています。詳しくは担当医にお尋ねください。