関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 産婦人科 > お食事とおやつ

お食事とおやつ:頑張っているママのための美味しいレシピ

1月のレシピ

平成30年1月18日当院に入院された産後の皆さんに提供した献立です。
ご家庭でも作って頂けるよう一部レシピを添付しました。ぜひ参考にしてください!

今月の献立写真

おしながき

  1. 雑穀ごはん
  2. スンドゥブ風
  3. 三食ナムル
  4. 杏仁豆腐
***本日の献立の栄養価***
エネルギー 740kcal

2.6mg(8.5〜9mg)

蛋白質 26.7g 葉酸 164μg(340μg)
脂質 20.6g 塩分 2.3g(7.0g未満)※
    食物繊維 5.8g(18g以上)※

( )内は18〜49歳授乳婦の推奨量(1日分)です。※は目標量です。

作り方

スンドゥブ風

スンドゥブ風の写真

1人分の栄養価

エネルギー
234kcal
たんぱく質
24.3g
脂質
8.1g
カルシウム
90mg
塩分
1.1g
食物繊維
2.7g

ワンポイントレッスン

食材をカットし、調味料を入れて火にかけるだけで、忙しいお母さんにも簡単に作ることができる一品です。 豆板醤の辛味やにんにくの風味が加わることにより、塩分を控えることができます。
お豆腐を使用することで、産後の体の回復に必要な蛋白質を補うことができ、お野菜やキノコをたくさん加えるとビタミン・食物繊維も摂取することができます。ぜひご家庭でお試しください。

材料(2人分)

絹豆腐
150g(1/2丁)
タラ
80g
ホタテ
60g
えのき
50g(1/2パック)
しめじ
40g
ネギ
30g(1/3本)
ニラ
20g
温泉卵
2個

調味料

25ml
砂糖
4g(小さじ1)
醤油
4g(小さじ2/3)
おろしにんにく
2g(お好みに合わせて)
豆板醤
2g(お好みに合わせて)
220ml

作り方

  1. 調味料をすべて合わせ鍋に入れる。
  2. 材料は食べやすい大きさにカットしておく。
  3. ニラと温泉卵以外の食材を①の鍋に並べ入れ、火にかける。
  4. 具材に火が通ったらニラ・温泉卵を入れ、ひと煮立ちさせて完成。

※温泉卵をご自宅で作るには
湯呑やマグカップなどの口が狭い容器に卵を割り、つまようじ等で黄身に穴をあける。 卵がかぶるぐらいのお水を入れ、電子レンジに500W1分程度かける。 (ご家庭の電子レンジ等により加熱時間が異なります。庫内の様子を確認しながら加熱時間を調整してください。)

前回掲載分はこちら >>