関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 泌尿器科 > 前立腺肥大症治療(ホルミウムレーザー前立腺肥大核出術;HoLEP ホーレップ)

前立腺肥大症治療(ホルミウムレーザー前立腺肥大核出術;HoLEP ホーレップ)

当院では前立腺肥大症に対する最新のレーザー手術、ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP:ホーレップ)を中心に行っており、手術での痛みや出血が少なく短期間の入院で済むようになりました。HoLEPは、従来行われていた前立腺に切り込むTURPと比較して安全性が高く、輸血率はほぼ0%であり、合併症の少ない、患者さんの体に負担の少ない治療法です。

どんな病気?

前立腺肥大とは、男性の尿道をとりまく前立腺が肥大して、尿道を圧迫し、排尿障害を起こす病気です。尿が細くチョロチョロとしか出なかったり、排尿に時間がかかったり頻尿になります。残尿しやすくなるため、細菌が感染して膀胱炎や前立腺炎、ときに睾丸ならびに副睾丸炎を起こすこともあります。加齢とともに進行する老化現象でもあり、50歳以上の男性に多くみられます。

どうしてなるの?

前立腺は男性ホルモンの支配を受けている臓器です。年をとっsて男性ホルモンの分泌が低下し、ホルモンバランスが崩れてくると前立腺の表面の組織が萎縮し、内部の組織が肥大して起きます。男性にとって宿命的疾患ともいえます。

具体的な手術方法

肥大した前立腺の内腺と外腺の境目にホルミウム・ヤグレーザーを照射し、内腺のみをくりぬくように核出します。

核出した内腺を、いったん膀胱内に移動させます。

前立腺組織をすべて膀胱内に移動させた後、モーセレーターというミンチ状にする機器を用いて、前立腺組織を細かく切断しながら、吸引し、体内に排出します。レーザーで蒸散する方法と違い、確実に前立腺組織が回収され、ときとして癌細胞が発見されることもあります。つまり、癌の早期発見にもつながるのです。