関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 呼吸器内科

呼吸器内科

扱う疾患および特色

ほぼすべての呼吸器疾患(入院を必要とする排菌のある結核患者さんのための病床はありません)に対して、対応が可能な診療体制をとっています。外来では、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺がん、間質性肺炎、肺非結核性抗酸菌症、肺真菌症、入院では、肺がん、肺炎、間質性肺炎の患者さんを多く診療しています。各スタッフは合理的な診療を目指して、専門性を生かしながら、緊密な連携をとっています。外来患者さんについては週1回、入院患者さんについては毎日カンファレンスを実施し、また、週1回は外科医と、週1回は病理医との合同カンファレンスを実施し、適切な診断・治療に努めています。希少な呼吸器疾患については、他施設の専門医と緊密な連携をとって診療に当っています。 診療の基本方針は、患者さんご本人に病名を告知し、最新のエビデンスおよび豊富な臨床経験にもとづいた説明を受けて頂き、治療を決定しています。

呼吸器の病気に関連した検査としては、CT検査、MRI検査、気管支鏡検査、超音波ガイド下針生検、CTガイド下針生検(放射線科)、胸腔鏡検査(呼吸器外科)、気道過敏性試験、精密肺機能検査などを行っています。

日本呼吸器学会認定施設として、地域のありふれた呼吸器疾患(気管支喘息、COPD、肺炎など)の診療に対応する一方で、難治性呼吸器疾患(肺がん、間質性肺炎、難治性呼吸器感染症)の治療成績向上にも努めたいと考えています。

当科は、従前より、地域がん拠点病院の呼吸器科として、肺がんの診療に積極的に取り組んでいます。内科医と外科医、放射線科医が緊密な連携をとって、治療戦略を検討しています。外来での化学療法にも積極的に取り組んでいます。多施設共同研究を通じて、次世代の肺がんの標準的治療の確立に努めています。脳転移のある患者さんに対しては、当院には、ガンマナイフがありますので、その治療の適応があれば、短期間での治療が可能です。また、症状を有する肺がんの患者さんには、病初期から緩和ケアを導入することで延命効果が認められることが証明されており、がんに対する化学療法の有益性が認められなくなった方も含めて、緩和ケアの選択が可能です。

部長 臼井 一裕