関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 病理診断科

病理診断科


【病理診断科スタッフ】

患者さんが病院を受診すると、診断のためにいろいろな検査が行われます。多くの場合、血液あるいは尿検査、ときに放射線検査などで診断がつき、適切な治療がなされます。しかし、病気の種類によっては、確定診断のために、患者さんの体から細胞あるいは組織を採取する必要が生じます。採取された細胞や組織から、顕微鏡で観察するための標本がつくられます。これを顕微鏡で観察して診断するのが「病理診断」で、この病理診断を専門とする医師が「病理医」です。病理診断は主治医に報告され、治療に生かされます。当院では、病理医全員で病理診断を確認し、また、各科の医師と定期的にカンファレンスを開催し、診断の正確さの維持に努め、病理診断にもとづいた具体的な治療方針の議論も行っています(病理診断カンファレンス一覧をご参照下さい)。

病理診断には以下のような種類があります。

細胞診断

肺癌や膀胱癌などでは、痰や尿の中に癌細胞が混じることがあります。痰や尿を顕微鏡で調べて癌細胞があるかどうかを判断するのが「細胞診断」です。子宮癌検診では、子宮頚部から採取した細胞について調べます。甲状腺や乳房などにしこりがある場合、細い針を刺して細胞を吸引し、癌細胞があるかどうかを調べます。

生検組織診断

放射線、超音波検査あるいは内視鏡検査によって、発見された病変の確定診断と治療方針を決めるために、病変の一部をつまみ採ったり、メスなどで切りとったりします。これを「生検」といい、その病理診断を「生検組織診断」とよびます。これにより手術の必要な病変か、様子をみてよい病変か判断されます。

手術中の迅速診断

皮膚や乳房など直接針を刺したり切開を加えたりすることのできる部位や胃や大腸など内視鏡で到達できる部位などの病変は、手術前に生検を行って病理診断をします。しかし、病変が体の深い部分にあるために生検が難しく、手術前に病理診断ができない場合には、「術中迅速診断」を行います。術中迅速診断では、手術中に採取された病変組織を用いて、10分程度で病理診断が行われます。診断結果は執刀医に連絡され、手術方針が決定されます。病変がとりきれたかどうかの確認のため、手術によってとりだされた組織や臓器の切除断端を調べたり、がんの転移が疑われる部分を調べて手術で切除する範囲を決めたりするときにも、術中迅速診断は役立ちます。これにより、必要最小限の手術がなされます。

手術で摘出された組織あるいは臓器の診断

摘出された組織や臓器は、病理医が肉眼で病変の部位、大きさ、性状、広がりを確認し、診断に必要な部分を必要な数だけ切片にします。国家資格をもつ臨床検査技師が、この切片から顕微鏡標本をつくります。病理医が標本を顕微鏡で観察し、病変がどのような性状か、どれくらい拡がっているか、手術でとりきれたのか、追加治療が必要かどうかを判断し、治療方針の決定に役立つ情報を臨床医に提供します。
最近では、手術後の身体的障害を減らすために、手術による切除範囲を必要最小限とするようになってきています。これを「縮小手術」といい、そのために病変がとりきれたかどうかの厳密な判断が必要とされ、より多くの切片を観察して詳細な報告をする必要性が増しています。

病理解剖診断

治療の甲斐なく、不幸にも病死された患者さんのご遺体をご遺族の承諾のもとに、解剖させていただくのが「病理解剖」で、剖検ともよばれます。生前の診断が正しかったのか、適切な治療がなされていたのか、治療の効果はどれくらいあったのか、どのくらい病気が進行していたのか、死因は何か、などについて診断します。病理解剖は、スタッフによりご遺体の尊厳を守り、切開部位や範囲も必要最小限として行われます。診断に必要な組織や臓器をとりだして、3時間ほどで終了します。ご遺体は解剖後に清拭されてご遺族のもとに戻されます。病理解剖によって得られた肉眼所見は、解剖を行った病理医から立ち会った主治医へと報告され、ご遺族に説明されます。顕微鏡所見を含めた病理診断には時間を要するため、最終病理診断は約2〜3ヶ月後にまとめられます。

以上のような役割を病理医が担っております。病院に病理医がいるということは、確定診断を通じてより良質の医療を提供することにつながります。

病理診断科のポリシー

病院をあげた質の高い医療や高度先進医療を支援するために、診断の正確さおよび迅速さを最重要課題と考え、さらに臨床各科と密接な診療連携を維持することに努めています。

診断の際には、常に全員で報告前検討会を行い、既往診断の再検討、診断書のダブルチェックを行い、病理診断の精度管理に努めています。また定例臨床病理カンファレンスにおいては情報のやり取りだけでなく、具体的な治療方針の議論も行うなどして、効率的な病理診断情報を提供しています。また、最新の免疫組織・細胞学的検索や分子生物学的手法を用いた分析学的な病理診断を併せ行うことにより、より精度の高い診断や初期病変の早期検出を行うことができるよう努めています。

医療従事者は、質の高い医療の提供を第一の目的として、努力を重ねています。その為には新しい検査法や治療法を開発し、その有効性を検証する必要があり、優れた医療技術者を育てるための教育も同時に行われています。細胞や組織検体保存の意義の一つとして、こうした医療の進歩と教育に資する点があげられます。患者さんから得られた検体を扱うにあたっては、個人の特定ができないよう、プライバシーの保護には細心の注意を払っております。病理診断を行ったあとに残された組織や細胞は、病院の規程に従って一定期間保存され、その後、礼をもって茶毘に付されます。

病理診断カンファレンス一覧

病理診断科では、部内のスタッフ間および臨床各科の医師と定期的にカンファレンスを開催し、診断の正確さおよび診療連携の維持に努めています。

カンファレンス名 回数 内容
診断前組織検討会 毎日 日常の病理診断業務の一環として、担当病理医が症例提示を行い、病理医全員で病理組織診断を確認します。特殊染色や免疫組織染色などの追加検索の必要の有無も討論されます。至急を要する切除断端の情報などは、この時点で、臨床に連絡いたします。
診断前細胞診検討会 毎日 日常の病理診断業務の一環として、細胞診技師のスクリーニングを細胞診指導医が検討し、最終診断を決定します。
剖検症例マクロ検討会 毎週1回 前週行われた剖検症例を対象に、症例提示を行い、肉眼所見を検討します。
皮膚科疾患カンファレンス 毎週1回 皮膚疾患につき、皮膚科医の症例の説明に続いて、病理医が組織学的解説を行い、最終診断を決定し、治療の評価と方針を検討します。
消化器手術症例マクロ検討会 毎週1回 前週行われた手術につき、消化器内科医・外科医が症例の説明を行い、引き続き手術で摘出した標本の肉眼所見を検討します。また、病理診断された症例につき、診断解説を行います。
呼吸器科・肺外科疾患カンファレンス 毎週1回 気管支鏡検査、胸腔鏡検査で得られた生検標本につき、呼吸器科医が放射線・内視鏡画像を含めた症例の説明を行い、引き続き病理医が組織学的解説を行い、最終診断を決定し、治療の方針あるいは評価を行います。
術後検討として、肺外科医による症例の説明に引き続き、切除組織の肉眼所見の検討を行います。
血液内科疾患カンファレンス 毎週1回 骨髄組織、リンパ節あるいは髄外、節外血液疾患につき、血液内科医の症例の説明に続いて、病理医が骨髄塗抹所見、骨髄あるいはリンパ節その他の組織所見を提示解説し、診断や病態あるは治療効果を確認し、評価を行います。
外科手術前症例カンファレンス 毎週1回 翌週手術予定の患者さんの外科医および内科医による症例の説明に引き続き、病理医が組織あるいは細胞診像を提示し、術前診断の確認と手術の必要性、根治性などの評価を行います。術式と合わせて術中迅速診断の確認を行います。
消化器疾患カンファレンス 毎月1回 消化器内科、外科、病理診断科の交代で、テーマに準じて症例検討を行います。
デス・カンファレンス幹事会 毎月1回 デスカンファレンスに先立ち、剖検ありなしに関わらず、死亡退院患者の病歴を読み合わせます。
デス・カンファレンス 毎月1回 剖検の行われた症例を全例提示し、診断、治療、死因について検討します。
乳腺疾患カンファレンス 毎月1回 放射線部、超音波検査部、病理診断科の技師と医師が同席し、症例検討を行います。
連絡先 NTT病理診断科 質問箱メールアドレス;
horiuchi@east.ntt.co.jp
〒141-8625 品川区東五反田5-9-22
NTT東日本関東病院 病理診断科