関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 歯科口腔外科

歯科口腔外科

当科で扱う疾患および特色

当科は口腔疾患の診療を通して地域のみならず、広く社会に貢献する診療科を目指しています。診療は歯科医院や病院などから紹介を受けた患者さんを中心に行っています。対象となる疾患は口腔疾患全般ですが、いわゆる歯科治療(むし歯や義歯など)を目的とした診療科ではありません。地域の開業医との病診連携を密に口腔外科診療専門施設として機能しており、開業医では治療困難な抜歯や、腫瘍、嚢胞など口腔・顎・顔面に発症する疾患の治療を行っております。

【特に力を入れている疾患】

  1. 口の中のできもの(癌、肉腫などの悪性腫瘍など)―癌患者さんの高い生存率を追求しています。
  2. 顎下腺唾石などの唾液腺疾患―顎下腺をとらない方法(口の中から唾石を取る方法―口内法)を多数行い、良好な結果を出しています。
  3. 智歯(親知らず)の抜歯―出来るだけ患者さんの痛みや腫れなどを少なくする方法を目指しています。
  4. 口や顎の感染症―とくに難治性顎骨骨髄炎の治療に積極的に取り組んでいます。
    最近、骨吸収抑制剤(ビスフォスフォネート製剤など)による顎骨壊死が問題となっていますが、当科でもこの疾患に対し患者さんの苦痛の少ない治療法を追求しています。
  5. インプラント(人工歯根)―経験豊富なインプラント専門医が診療にあたります。

この他、顎骨の病気全般(良性腫瘍、骨折などの外傷、袋を作る嚢胞性疾患など)を積極的に診療します。

*当科のスタッフは常勤歯科医師4名と非常勤歯科医師3名です。

当科の診療内容紹介

最近のトピックス

  • 口腔癌の治療に力を入れております。口腔は咀嚼・嚥下・構音など社会生活をおくる上で欠かせない機能を担っていますので、QOLに十分配慮した治療を行う必要があります。当科では外科と連携して口腔顎顔面の再建手術も積極的に行い、機能再建にも力をいれております。また放射線治療や化学療法(抗がん剤治療)も他科と協力して行っております。
  • 顎下腺唾石症は小さなお子さんや高齢者の方まで、幅広く発症する疾患です。一般に顎下腺唾石は口の中から摘出する方法(口内法)と口の外から顎下腺体ごと摘出する方法(口外法)があります。口外法では、手術による線状瘢痕(傷の痕)が残ることや顎下腺を犠牲にすることなどの問題があり、当科では口内法を積極的に行っています。
  • 近年、骨への転移や骨髄腫などに使用されるビスフォスフォネート製剤によって、顎骨壊死の発生が問題となっています。この顎骨壊死の治療は、患者さんのもともとの病気(肺がん、乳がん、前立腺がんなど)を考えながら行うため、治療は大変難しくなります。当科では、患者さんのQOL(生活の質)を第一に考え治療方針を決定しています。

I.対象疾患とその取り組みについて

1.口腔悪性腫瘍

口腔癌・顎骨肉腫など-これまでの経験を生かし、確実な診断、高い生存率を目指しています。わが国での口腔癌の発生率は全体の癌の中で1〜2%と少ない数値ですが、これらの疾患は食べることや話すことなど、生活の上で大変重要な機能への障害を起こし、さらに顔貌の変化などが避けられないこともあり、患者さんのQOLに多大な影響を及ぼします。しかし、早期に適切な治療を行えば、口腔の機能障害も軽度で済みます。当科の口腔癌に対する治療方針は手術療法を主体に、進行癌に対しては放射線治療や化学療法(抗がん剤治療)を適宜組み合わせて行い、医局員が一丸となって良好な治療成績を目指しています。

舌癌舌癌

【口腔癌再建手術】

進行した口腔癌では切除後の欠損が広く、術後の口腔機能に大きな影響を与えます。このような術後障害を改善するため、前腕や腹直筋などの(筋)皮弁を用いて、口腔再建術を行います。皮弁や筋皮弁採取後、顕微鏡下で血管吻合を行い血流のある組織として生着を図ります。このようにして形成した弁は確実な閉鎖だけではなく、口腔の柔軟な動きにも適応できます。

舌癌再建

【これまでの実績】

2000年1月1日から2014年12月31日までに当科を受診した口腔癌患者の総数は348例でした。

口腔癌症例(2000年〜2014年)

部位 症例数
148
下顎歯肉 70
上顎歯肉 55
頬粘膜 24
口底 21
口蓋 8
口唇 5
その他 17
348

年間手術件数(全身麻酔)

  2014年 2013年 2012年
悪性腫瘍 20 7 8
良性腫瘍 5 14 10
唾石 14 22 29
嚢胞 23 17 37
抜歯 32 51 28
消炎手術 0 4 5
その他 3 2 7
97 117 124

(資料分析:橋田之彦、川俣綾、水谷美保、山城正司 )

2.唾液腺疾患―特に顎下腺唾石を口腔内から安全に摘出する手術法について

顎下腺に生じた唾石症に対して安全な手術法(口腔内から摘出する方法)を2006年から行っています。

【手術成績】

2006年1月〜2014年9月までに全身麻酔下に手術を行った顎下腺唾石症は182例(口内法177例、顎下腺摘出術5例)。口内法177例中170例は完全摘出、3例は唾石の一部が残存、残り4例は唾石の移動に伴い、後日摘出可能でした。

顎下腺唾石症の当科での成績(まとめ)

  1. 完全摘出率 96.2%
  2. 平均手術時間 37.0分(最短7分―最長238分)
  3. 平均出血量 10.4ml(最少微量−最大 70ml)
  4. 舌神経麻痺 3ヶ月を超える神経麻痺例<5%
  5. 術後出血 なし
  6. 平均入院期間 4.3日

(資料分析:橋田之彦、斎藤健一、山城正司)

当科で行っている、顎下腺唾石摘出術(口内法)では従来、小さな石を取り出すために摘出しなければならなかった多くの顎下腺を残すことができました。またこの方法は、顎下腺摘出後の傷や顔面神経枝の損傷などの問題がないため、とくに女性の患者さんからは、喜ばれています。

唾石 唾石

唾石パノラマ 唾石パノラマ

3.埋伏智歯(親知らず)抜歯―患者さんの負担が少ない抜歯法(痛みや腫れが少ない)を目指します

「親知らず(智歯)の抜歯は大変だった」などということを聞いた人は少なくないと思います。この大変だったという中身には
 ①抜歯の時の痛み
 ②ノミなどで骨を除去する時に顎に過度な力がかかる
 ③抜歯の時間が長い
 ④抜歯後の腫れや痛み
などが考えられます。

これらの問題の対処法は以下の通りです。
まず、①に対しては抜歯の際に局所麻酔を確実に奏効させ、もし、痛みなどがあった場合には術中でも速やかに追加する方法を実践しています。どうしても不安の強い患者さんや一度に左右の親知らずを抜歯を希望される患者さん、親知らずが顎の骨の深い位置に埋まっている患者さんでは、全身麻酔で行うこともあります。但し、この場合には入院対象になります。②に関しては、従来、用いていたノミと木槌を顎に負担の少ない5倍速のエンジンを用いる方法に変え、行っています。また、この方法では、③の抜歯時間の短縮化も期待できます。④に関しては、現在のところ確実に症状を抑える方法はいまだ確立されていませんが、最小の粘膜切開や骨の削除量を少なくし、出来るだけ短時間で抜歯を終えることにより、術後の腫れや痛みを抑えるようにしています。

抜歯1抜歯1

抜歯2 抜歯2

抜歯3抜歯3

4.口や顎の感染症―とくに難治性の顎骨骨髄炎に取り組んでいます

口や顎にはさまざまな感染症(細菌などが進入して起こる病気)があります。最も一般的な顎骨の感染症は歯から細菌が進入し、化膿するものです。このような疾患では多くの場合、膿を出し(切開)し、抗生物質を投与しますが、多くの場合、原因歯の抜歯が必要になります。これらの感染症の中で、非常に治りにくい疾患として放射線性顎骨骨髄炎や原因が良くわからない慢性びまん性顎骨骨髄炎などがあります。当科ではこのような疾患に積極的に取り組んできましたが、最近、転移腫瘍や骨髄腫の患者さんに使われる骨吸収阻害剤(ビスフォスフォネート製剤など)による顎骨壊死が問題となっています。薬剤によって起きる顎骨壊死は生命予後に大きくかかわる病気(転移性腫瘍や骨髄腫など)の治療に使われる薬で起きる病気のため、顎骨壊死だけを取り上げて治療するわけにはなりません。骨吸収阻害剤(ビスフォスフォネート製剤など)を投与している医師とわれわれが密に連絡を取り、転移性腫瘍や骨髄腫などの病気の状態を把握し、(1)顎骨壊死の治療が出来るのか、(2)出来るとすれば、いつ頃か、(3)投与薬剤は休薬するのか、などを検討し診療予定を立てます。この顎骨壊死はいきなり骨組織が壊死するのではなく、骨髄炎が先行し、短期間で壊死骨に移行すると考えられます。このような推移をよく見極め、治療を行っていきます。

5.インプラント治療―インプラント専門医が治療にあたります

デンタル・インプラント(人工歯根)の治療は経験症例の多いインプラント専門医が担当します。インプラントとは歯のない箇所(欠損部)にインプラント体を埋め込み、それが周囲の骨になじんでから支柱を立て、これを土台にして冠をかぶせ、天然歯と同じような機能を作り出します。当科のこの治療の特色は、術者が多数の症例を経験していること、患者さんの診療時に製作を担当する歯科技工士が立ち会うため、インプラント術者と製作者の意思疎通が密となり、細かな対応が出来る点などです。 インプラント治療は保険外になりますので、初診時に治療期間や診療費などについて説明いたします。診療日は第2・4水曜日のみですので、予約は当科外来受付(直通03-3448-6371)までお申し込みください。

舌癌インプラントパノラマ

6.口腔ケア診療

口腔ケアが、誤嚥性肺炎や食道がんなど上部消化管の術後感染の予防に有用であることが知られています。また、頭頸部放射線治療や化学療法などにより口内炎や歯性感染症の急性化など、口腔内合併症を起こすリスクが高くなります。このような患者さんに対して、当科では歯科衛生士が中心となって専門的な口腔ケアを行っています。

部長 山城 正司