関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 脳神経外科 > 顔面痙攣の手術治療

顔面痙攣の手術治療

顔面痙攣

症状

疲れ目などで、まぶたがピクピクする、というのは比較的多くの方が経験することだと思います(眼瞼痙攣)。これとは異なり、通常、右か左の片側だけ、かってにウィンクするように目の周りが痙攣したり、口が同じ側の耳に向かって引っ張られるように痙攣するのが顔面痙攣(片側顔面痙攣)です。 人と話したり、緊張したりすると起こりやすい方が多いです。
脳神経外科で扱う病気の中では珍しいのですが、命に関わる病気ではありません。 しかし、運転中に起こると、遠近感がつかみにくくなったり、バックミラーが見えなくて困るという方もいます。 また、診察上は、それほど強い顔面痙攣ではないものの、始終ピクピクしていることで、集中できないということで受診される方も多いです。

原因

顔面神経は、脳幹と呼ばれる脳の中枢部分から生えており、頭蓋骨の内側にある孔に入った後、顔面の筋肉に命令を送るようになります。顔面痙攣を起こしている方では、顔面神経が脳幹から別れる部分で、動脈が顔面神経を圧迫しており、このせいで神経に異常な信号が出てしまい、その間違った命令が筋肉につたわることで、顔面の筋肉が異常に収縮して、痙攣を起こします。

経過

痙攣が軽い方で、まれに自然に良くなる方がいらっしゃいますが、顔面神経が脳幹からわかれる部分はちょうど「わきの下」のようにくぼんでいて、そこに動脈がはまり込んでいる方が多いです。そのため、自然に良くなることは少ないと考えられます。

治療法

片側顔面痙攣の治療法としては3通りあります。

1.くすりによる治療

顔面痙攣は、神経が異常に興奮しておこります。そのため、神経の興奮や伝達を抑える薬が有効なことがあります。同じように大脳が興奮して起こるてんかんを抑える薬(抗てんかん薬)が何種類かありますが、その中でクロナゼパムという薬は、顔面痙攣によく効きますが、個人差が大きいです。 また、クロナゼパムを内服すると、ぼうっとしたり、眠くなってしまい、仕事に支障が出る、危なくて運転できないという方も少なからずいます。

2.神経ブロック

ボツリヌス毒という神経毒があります。これを少量、痙攣している筋肉に注射することで、筋肉の収縮を抑えることで、顔面の痙攣を抑えます。当院ではペインクリニックで行っております(ボトックス治療) 外来でできるので、比較的安全、簡便なことが長所です。 一方、この治療は人工的に軽い顔面麻痺を起こさせる治療なので、注射する量によっては、治療した側が無表情になってしまうことがあります。 次に、この注射薬は毒素なので、からだが自然に分解してしまうことで、徐々に効果が薄れてきます。そのため、およそ半年ごとに注射を繰り返す必要が生じます。
また、注射を繰り返しているうちに、予防接種と同じように、患者さん自身のからだの中に、抗体と呼ばれる防御因子ができ、すぐにボトックスを分解してしまうようになります。
ボトックス自体は、筋肉の収縮を弱める治療なので、ご本人の感覚としてはピクピクが残っているように感じるというのも、欠点の一つです。

3.手術

脳神経外科では、顔面痙攣に対する手術治療も行っております。これは、症状が出ている側の、耳の後の部分に切開をおき、頭蓋骨に開けた10円玉くらいの穴から顔面神経をのぞき込んで、顔面神経に当たっている動脈を移動させるという治療です。髪の毛は切る部分の周りのみ切らせていただきます。 病気の原因となっている部分を治療するという意味で、根本的な治療であり、初回手術の顔面痙攣治癒率は92%程度です。
欠点としては、全身麻酔が必要であり、入院治療(10日程度)が必要なこと、手術の合併症のリスクがあります。
手術で起こりうる合併症としては、同じ側の聴力低下(1人/100件程度), うまく飲み込めなくなってリハビリが必要になる(1/100件程度)、傷の感染や髄液漏れ(1〜2/100件)などです。

退院後は手術創の状態を確認させていただくため、概ね退院後2週間、6週間後に外来に来ていただき、術後3もしくは6ヶ月後でも顔面痙攣がないことを確認して、終診となります。

 

連絡先

NTT脳神経外科 質問箱メールアドレス:nougeka@kmc.mhc.east.ntt.co.jp
〒141-8625 東京都品川区東五反田5-9-22
NTT東日本関東病院 脳神経外科外来 受付
TEL:03-3448-6141(平日8時30分〜17時)