関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 脳神経外科 > 下垂体腺腫・頭蓋咽頭腫の治療

下垂体腺腫・頭蓋咽頭腫の治療

脳神経外科:下垂体腺腫・頭蓋咽頭腫の治療について

1:下垂体腺腫について

下垂体腺腫は、体中にホルモンを分泌する組織である下垂体にできる良性腫瘍です。下垂体の組織からできる腫瘍ですが、実際にホルモンを分泌するタイプの腫瘍と、ホルモンを分泌しない腫瘍があり、頻度としては半分ずつぐらいです。 ホルモンを発生する腫瘍では、プロラクチンという母乳を出すホルモンを作るものや、成長ホルモンという、思春期の成長が著しい時期に多く分泌されるホルモンを作るものが主体です。
まれですが副腎皮質刺激ホルモンという副腎皮質を刺激し、ステロイドホルモンを分泌させるものや、甲状腺刺激ホルモンを出すものも発生することがあります。
このようなホルモンを出す腫瘍の場合、そのホルモンの作用により、妊娠しているわけでもないのに乳が出たり、女性では月経がなくなったり不順になったりします。一方男性では陰毛が薄くなったり、性欲が低下したりという症状で気付かれる場合もあります。 成長ホルモンが過剰になると、末端肥大症や巨人症と呼ばれる、眉弓やあごが出てくる特徴的な顔つきになったり、高血圧や糖尿病が発症します。このようなホルモン産生腫瘍の場合には、比較的腫瘍が小さいうちに見つかることも多いです。
治療は、プロラクチンを産生する腫瘍はパーロデルやカバサールといった薬剤が極めて有効で、手術をしなくても済む方が増えています。 成長ホルモン産生腫瘍に対しては最近サンドスタチンという注射薬が発売されました。ただしこちらの薬剤はほぼ永久に服用・注射する必要があります。当施設ではホルモン産生腫瘍については内分泌専門医と共同で診療し、治療方針を決定してゆきます。
一方、ホルモンを作らない腫瘍の場合、脳や神経の圧迫による症状で見つかることがほとんどです。下垂体の上部には視神経と視交差という、視力に関わる神経があります。下垂体腫瘍の下側は骨があるので、大きくなる場合には多くは上側に伸び、視神経や視交差を圧迫するようになります。
典型的には、視野の外側から見えづらくなり、徐々に見えづらくなります。ホルモンを作らずに大きくなって症状を出すタイプの腫瘍に対しては、手術による治療を行います。
眼科の専門的な検査で、視野が欠けていなくても、腫瘍を取り除くと、視野が明るくなった、視力がもどったと言う方も多いです。

また手術や薬剤で腫瘍を完全に制御できない場合などは、下垂体腺腫でもガンマナイフや放射線治療が有効な治療法になります。 あまり腫瘍が巨大である場合を除き、ほとんどの症例では極めて低侵襲な経鼻的経蝶形骨洞手術の適応となります。
図1は視野障害でこられた患者様のMRIで巨大な下垂体腫瘍を認めます。内視鏡下に腫瘍を大部分摘出し、視野は著明に改善しました。

図3:下垂体腺腫 51歳女性

視野障害で発見された大きな下垂体腺腫 鼻から内視鏡下に摘出しほとんどの腫瘍を摘出 視野障害で発見された大きな下垂体腺腫 鼻から内視鏡下に摘出しほとんどの腫瘍を摘出

視野障害で発見された大きな下垂体腺腫 鼻から内視鏡下に摘出しほとんどの腫瘍を摘出

術後のMRI:視野はほぼ正常化 術後のMRI:視野はほぼ正常化

2:頭蓋咽頭腫について

頭蓋咽頭腫は比較的まれな腫瘍で視床下部・下垂体というホルモンや情動・記憶などの中枢となる極めて重要な部分に発育する良性腫瘍です。良性ですが周囲脳組織に癒着が強く、重要な脳組織の中心部に発生するため治療の困難な腫瘍での一つです。腫瘍はのう胞(水溜りのようなもの)の部分と充実した塊の部分があり、しばしば石灰化して、中には石のように硬くなるものもあります。
症状は①水頭症による頭痛や意識障害、②腫瘍によって視神経などが圧迫される視野障害、③性格の変化や④尿が大量に出て、喉が非常に渇くといったホルモンの症状などが主体となります。 治療は手術療法および放射線治療(分割治療やガンマナイフ等の定位放射線治療)が主体となります。 手術治療の合併症例率は比較的高く、ホルモン欠乏症状(尿崩症や性・ステロイド・成長ホルモンの低下)はほぼ全例で出現します。また視野障害、記憶障害意識障害、麻痺などの重篤な合併症が数%の危険性で発症します。放射線治療はすぐにはそのような危険性はありませんが腫瘍を制御できる可能性は50〜80%と低く、遅発性の合併症(視力低下、記憶障害、知能低下)等の可能性があります。また放射線治療後再発例の手術治療は困難な場合が多く認められます。 そこで当院ではまず手術による摘出を行い、合併症出現リスクの高い部分の残存・再発腫瘍等について、放射線治療をお勧めしています。

図2の症例は頭痛で発症した症例です。腫瘍は大型で後頭蓋窩まで進展しており2回に分けて手術治療を行ないました。術後視力低下、知能低下などはありませんでした。

図2:頭蓋咽頭腫 19歳男性

視野異常、頭痛のため、眼科を受診し、脳の病変が疑わしいということで、紹介となりました。のう胞を伴う脳腫瘍と、水頭症が認められ、手術を行いました。

術前MRI

術前MRI

腫瘍は全摘出でき、視力も改善しました。ホルモンに関しては、内服薬と点鼻薬が必要な状態で退院されました。

脳・下垂体腫瘍については治療方法の慎重な選択、高度な剥離技術、かつ長期にわたる慎重な経過観察がきわめて重要です。 手術治療をほどほどにして放射線治療をすすめる施設が多くありますが、腫瘍を有効に減らして初めて放射線治療の効果が最大に生かされます。
当科では脳神経外科、内分泌、ガンマナイフ・放射線治療医がチームを組んで診療に当たっています。
当科スタッフ医師がいつでもご相談に応じますのでお尋ねください。

連絡先

NTT脳神経外科 質問箱メールアドレス:nougeka@kmc.mhc.east.ntt.co.jp
〒141-8625 東京都品川区東五反田5-9-22
NTT東日本関東病院 脳神経外科外来 受付
TEL:03-3448-6141(平日8時30分〜17時)