関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 脳神経外科

脳神経外科

当科の特色

和やかな雰囲気の中で、高度技術を集約した真剣・繊細なマクロ手術が進む。 和やかな雰囲気の中で、高度技術を集約した真剣・繊細なマクロ手術が進む。

当科はガンマナイフセンター・脳卒中センター・神経内科とともに垣根の無い神経疾患・診療グループを構築し、迅速かつ的確な診療を要する脳卒中・てんかん発作などの神経救急から高度・最先端の治療技術を要する脳腫瘍までを専門に治療しています。
現在脳神経外科専門医4名(プラス非常勤2名)と専修医・研修医4名のスタッフからなるチームで診療に従事しています。モットーは「患者第一で安全・高度な医療を提供する」ことです。
脳の病気の治療においては、病気そのものだけでなく、全身状態や職業などの社会的な背景、またご自宅の環境など さまざまな社会的側面からの検討も重要になってきます。そこで我々のチームの最大の特徴は、専門性を生かし、深めると同時に、神経内科・リハビリテーション科など他領域診療科やコメディカルスタッフ、当院の社会への窓口である総合相談室なども交えたカンファランスを毎日おこない、患者さんについての相互の情報を共有することで、皆が一丸となった診療を提供していることです。

クモ膜下出血、脳動脈瘤、脳動静脈奇形や脳出血などの脳血管障害、聴神経腫瘍や髄膜腫などの頭蓋底脳腫瘍・良性脳腫瘍、神経膠腫や転移性脳腫瘍などの悪性腫瘍、三叉神経痛や顔面痙攣、脊髄腫瘍・脊髄動静脈奇形などの手術治療を年間350例近く行っております。それぞれの疾患についての当科での治療内容と成績については各疾患の解説をご覧ください。
脳神経外科においては、まず長期的に最良の結果を生み出す、「家族であればどうするか?」を考えた加療を心がけています。そのために、手術においては、まず経験豊富な術者が中心となり、麻酔していても脳の機能を監視する電気生理モニタリングや、ナビゲーションシステムなどを用いることで、手術の安全性・確実性を高めています。

当科の扱う疾患

(各疾患の紹介は専門治療を参照)

脳血管障害

  • 動脈瘤・クモ膜下出血・未破裂脳動脈瘤
  • 脳動静脈奇形
  • 脳海綿状血管腫
  • 脳内出血
  • 脳血管狭窄・頚動脈狭窄症・脳梗塞
  • もやもや病
  • など

脳腫瘍

  • 聴神経腫瘍・神経鞘腫
  • 髄膜腫
  • 頭蓋咽頭腫
  • グリオーマ・神経膠腫
  • 転移性脳腫瘍
  • 脊索腫・軟骨肉腫
  • 類上皮腫・類皮腫
  • 下垂体腺腫
  • など

脊髄疾患

  • 脊髄腫瘍
  • 脊髄動静脈瘻
  • 脊椎ヘルニア
  • 脊椎腫瘍

微小血管圧迫疾患

  • 三叉神経痛
  • 顔面痙攣
  • 舌咽神経痛

頭部外傷

  • 慢性硬膜下血腫
  • 急性硬膜下血腫
  • 急性硬膜外血腫
  • 水頭症

専門治療

脳神経外科

脳卒中センター・脳血管障害脳神経外科

γナイフセンター



当院外来予約は下記に御連絡ください

■連絡先 NTT脳神経外科 質問箱メールアドレス;
nttnougeka@ml.east.ntt.co.jp
〒141-8625 品川区東五反田5-9-22
NTT東日本関東病院 脳神経外科外来 受付
03-3448-6141 (平日8時30分〜17時)

部長 井上 智弘

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。