関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 精神神経科 > 専門臨床研修医(後期研修)プログラム

専門臨床研修医(後期研修)プログラム

はじめに

当科の病棟は、50床の開放病棟で、個室が22床あります。2002年に病棟が完成し、一般病棟と同等以上の高いアメニティーで設計されています。また、当科では、臨床心理士、作業療法士、精神療法的な関わりが行える看護師などのスタッフが非常に充実しています。理想的な環境を生かした、患者への説明同意に基づく質の高い精神科診療について、後期研修を希望する医師を募集します。

1. 応募資格 卒後初期臨床研修(2年間)修了者(予定を含む)
2. 研修目的 幅広い専門的な精神科診療の臨床能力、基礎的な臨床研究能力を取得することとします。
3. 研修期間 原則3年
4. 研修プログラム

当科の研修プログラムの特徴は以下のようです。

1. 先端的治療プログラム
当科では、職場復帰援助プログラム、集団認知療法といった、先端的治療プログラムを行っており、これらのプログラムについての研修が可能です。
2. 緩和ケア
当院には緩和ケア病棟があり、関心がある方は、緩和ケア科と精神科の連携について研修が可能です。
3. 精神療法の研修
集団認知療法で、認知療法の基礎が研修できます。個人精神療法については、入院患者の受け持ちは10〜12名であり、面接で精神療法を行うことが可能です。希望者は、部長、臨床心理指導者の指導が受けられます。
4. 薬物療法等の研修(幅広い臨床経験)
当科病棟は開放病棟であり、軽症の入院患者も入院しています。一方、病態が重い場合は、ドルミカムとセレネースを併用した持続鎮静、サイマトロンによる精神科電気けいれん療法などにより、早期の改善を図るなど、幅広い病態に対する薬物療法等の研修が可能です。入院治療については、随時部長が指導を行います。
5. 質の高いチーム治療
当科では、医師(常勤6名、非常勤医師 4名)、看護師(21名、正看)、臨床心理士(常勤1名、非常勤5名)、作業療法士(常勤1名、非常勤1名、助手1名)、病棟薬剤師(兼任1名)、脳波技師(非常勤2名)で、多職種レビュー、合同症例検討会などによる、質の高いチーム治療を目指しています。看護師も、日本で唯一、タイダルモデルという看護モデルを通して、患者と精神療法的な関わりを行っています。
6. 説明同意研修
精神科治療においては、十分な説明同意を行なう必要があります。当科では、行動範囲、安静度について明確に話し合い、納得を得た上で入院治療を行っています。「身体的拘束」「持続鎮静」「せん妄の治療」「鎮静薬の投与」については、患者、家族への説明資料が用意されており、治療の効果、副作用、併発症、他の治療方法との比較などについて、情報提供しています。これら、精神科における説明同意のあり方について研修できます。
7. 他科との連携診療研修
当院では、精神科と他科との協力関係が良好であり、他科病棟におけるリエゾン治療、精神科病棟における合併症の連携診療について研修できます。
8. 電子カルテ
当院では、2000年12月とかなり早い時期に電子カルテが導入されました。電子カルテでは、テンプレート、フローなどをうまく設定することにより、効率よくカルテ記載を行うことができます。電子カルテの活用方法について、研修することができます。
9. 臨床研究
平成20年度より、部長が厚生労働科学研究「リワークプログラムを中心とするうつ病の早期発見から職場復帰に至る包括的治療に関する研究」の代表研究者として、リワークに関する実証研究を進めています。2ヶ月に1回、臨床研究の専門家を招いて、臨床研究検討会を行っており、臨床実証研究の基礎について研修できます。
10. 学会
日本精神神経学会、日本総合病院精神医学会、医療マネージメント学会のほか、関心がある学会での研修が可能です。
5. 研修指導者 指導には常勤医師4名があたります。指導医師の資格内訳は、精神保健指定医4名、日本総合病院精神医学会指導医2名、日本医師会認定産業医1名、日本多文化間精神医学会多文化専門アドバイザー1名です。
6. 研修中の業務
1. 入院診療
入院患者の受け持ち数は、10〜12名、年間の入院受け持ち数は50名程度です。
2. 外来診療
外来診療は、半日で10〜15名程度、週2回行っていただきます。外来診療に習熟されれば、初診について研修していただくことも可能です。
3. 精神科電気けいれん療法
サイマトロンによる精神科電気けいれん療法を年間200件ほど施行しています。週1回、半日精神科電気けいれん療法を行なっていただきます
7. 研修により得られる資格

精神神経学会 精神科専門医
日本総合病院精神医学会 認定医
<必要な症例について、経験できます>

精神保健指定医
<措置症例を除き、経験できます>
希望があれば、措置症例を経験できる病院を紹介します。

8. 採用人員 募集時発表
9. 採用日
申し込み締め切り
募集時発表
10. 選考方法、選考日 選考は書類審査及び面接によって行い、面接日時は委細相談とします。
11. 処遇

身分:NTT東日本 プロフェッショナル社員
社会保険:各種に加入します
手当:卒後年数に応じ当院の規定に従います
宿舎:あります

12. その他 部長の秋山 剛は、世界精神医学会財務委員、日本精神神経学会理事(国際担当)、産業精神保健学会理事、多文化間精神医学会理事、日本うつ病学会評議員、東京英語いのちの電話理事長を務めており、これらの分野に関心がある方にはいろいろな情報を提供できます。
13. 問い合わせ及び申し込み

■NTT東日本関東病院精神神経科部長 秋山剛
Email: akiyama@east.ntt.co.jp

TEL:03−3448−6321(NTT東日本関東病院精神科外来)
FAX:03−3448−6507(NTT東日本関東病院精神科医局)

【履歴書送付先】
〒141−8625品川区東五反田5−9−22
NTT東日本関東病院精神神経科部長 秋山 剛

参考:NTT東日本関東病院ホームページ
http://www.ntt-east.co.jp/kmc/