関東病院


神経内科

ごあいさつ

当科、ホームページをようこそお尋ね下さいました。

当、NTT東日本関東病院神経内科では、長年の当院における神経内科の伝統を受け継ぎつつ、吉澤(部長)、松田医長、松本(非常勤・外来担当)、東京大学神経内科よりの後期研修医の4名で診療にあたっております。吉澤、松田、松本は、日本内科学会総合内科専門医であるとともに日本神経学会専門医で、各種神経内科疾患の診断・治療を専門としております。当院ではその経験をいかしつつ、最先端の医療状況を視野に入れた診療体制を構築すべく、科内一丸となって努力しております。とりわけ様々な診療場面において、関連した他の診療科との連携を密にすることによって、よりきめの細かい診療を行い、ひいては患者さん、医療関係者の皆様をはじめとして多くの方々のお役にたてることを目標としております。力不足の点もあるかもしれませんが、「患者さんとともに歩む医療」をモットーに診療を展開させていただいておりますので、何卒よろしくお願いいたします。

神経内科の扱う病気

神経内科は、脳・脊髄、末梢神経、筋肉に不具合をきたす病気一般を広く扱っております。皆様になじみの深い病気としては、脳への血管の障害で生ずる「脳卒中」、認知障害をきたす「アルツハイマー病」、動作が緩慢で小刻みな歩行を呈する「パーキンソン病」など比較的高齢の方に多いものから、「頭痛」、「てんかん」、「脳炎・髄膜炎」、「多発性硬化症」、「重症筋無力症」、「末梢神経障害」、「手根管症候群」のように若い方でもよく見られるものまで種々あります。このうち「脳卒中」については、当科では脳血管内科・脳神経外科と協力して、また「アルツハイマー病」については精神神経科と連携をとりながら診療を行っております。

このような一般には比較的なじみの深い病気のほかに、神経内科においては、患者さんの数が多くはないものの診断が難しく、症状も多彩な多くの病気を日常的に扱っております。この中には、いわゆる難病と総称される病気に該当する「筋萎縮性側索硬化症」、「脊髄小脳変性症」なども含まれます。これらの病気の診療には、医師や看護師・ソーシャルワーカー・リハビリスタッフなどとともに、患者さんのご家族・介護にかかわる方々・行政など多くの方々のご協力をいただきつつ臨むことが必要になる場合も稀ではありません。当科ではそれぞれの患者さんについて、必要な場合にはこれらの調整も行いつつ診療にあたっております。
当科のより詳しい紹介についてご興味のある方はこちらをご覧ください。

どのような時に神経内科を受診すればよいの?

患者さんにとって、自分が神経内科を受診した方がよいのかどうかを自ら判断することは、かなり難しいことと思います。まずは患者さんのかかりつけの先生にご自分の症状を相談され、神経内科への受診の必要性をアドバイスしていただくことが重要です。この際に、可能なかぎり紹介状を書いていただくようにお願いいたします。
一般的には次のような症状がみられる場合には、かかりつけの先生にご相談なさるのが良いと思います。

 

  1. あたまが痛い。
  2. めまいがする。
  3. 手や足のしびれがある。
  4. 手や足に力が入りにくい。
  5. 歩くのが下手になって、つまずいたり、転びやすくなった。
  6. 動作がのろかったり、手が振える。
  7. からだがふらつく。
  8. 物忘れが目立つようになった。
  9. ときどき意識を失うことがある。
  10. ものが二重に見える。
  11. 飲み込みが悪くなってむせやすい。

その他にも多くの症状が考えられますが、当科を初めて受診された場合には、最初に問診票で症状を伺い、診察後、症状・所見に応じて適切な診療科をアドバイスさせていただくこともあります。

NTT東日本関東病院神経内科の特徴と診療実績

当科では、脳神経外科および脳血管内科とも緊密に連携をとりながら診療を行っております。当科で診断された急性期脳卒中の患者さんは、ただちに当院の脳卒中専門治療部門に紹介して、治療を開始させていただいています。またその治療方針や経過についても毎日の脳卒中専門治療部門とのカンファレンスの場において討議させていただいております。

このような連携診療体制の結果として、当科には、神経難病を始めとした専門的治療が必要な種々の神経内科疾患の患者さんが外来通院または入院されておられます。平成28年度、1年間における当科の診療実績はこちらの通りです。

部長 吉澤 利弘