関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 消化器内科 > 経鼻内視鏡(吸い込む?内視鏡)

経鼻内視鏡(吸い込む?内視鏡)

最近極細の胃カメラ(内視鏡)が使用できるようになりました。先端の直径が5.4mmです。この細さですので、鼻の穴からカメラを入れることができます。これを経鼻内視鏡といいます。この特徴は口の中を通さないのでのどでの違和感が少ないことです。口を通しますと唾液が刺激で分泌されついつい飲み込みます。のどの敏感な方はこれにより吐き気が誘発され嘔吐反射となり苦しくなります。胃カメラを敬遠する大きな理由です。

この点、経鼻内視鏡は鼻から入れる違和感が最初ありますが、あとは会話をしながらでも苦しくありません。嘔吐反射が極めて少ないのです。鼻の穴が小さかったら? 鼻が曲がっていたら?それはそのとき口からの挿入に切り替えればもともとでしょう? 人のことだから気安くいって・・・。

経鼻内視鏡(吸い込む?内視鏡)

そこで10回以上内視鏡を飲んで体験している私が実際に体験してみました。ところは上州高崎に乾クリニックという内視鏡の先達がおられ、経鼻内視鏡で9割を検査していると聞き志願して体験してきました。写真をご覧ください。

胃の中のあぶくをとるガスコン液をのみます。これは通常の内視鏡でもすることです。ついで鼻に局所麻酔剤(キシロカインゼリー)をいれます。これで準備は終了。唾液の分泌を抑制するブスコパンの注射は必要ありません。鎮静剤などまったく必要なしです。

経鼻内視鏡(吸い込む?内視鏡)

これは鼻を通過したところです。鼻を通過するときに多少痛い感じがします。やや私がのけぞっている様子です。後ろのモニターにのどの奥(喉頭)が見えています。ここまでくるとあとは自然とカメラが食道に挿入されゲーっという反射はありません。鼻に注意がいっているから反射がでないのかとも思われますが、咽頭を刺激しないのが原因でしょう。

その先は通常の内視鏡どおりですが先端が細いため胃の奥に入るにもさほどの抵抗もありません。

終わりますとのどの麻酔がないため食事もすぐにオーケーです。はやる気持ちを押さえ、チリ紙でチンとすれば終わり。鼻のとおりも良くなって気分もすっきり。

しかし、話はいつも裏があります。鼻から入らない例もあるようですし、また終了後に鼻血がでる方もあるようです。しかし血管収縮薬を浸したガーゼをいれて止血は簡単とのこととの説明でした。また細い内視鏡ですので、機能に多少の犠牲があり通常内視鏡より光の量がすくなく胃内での観察に遠距離では困難を感じます。また胃内での治療は鉗子の径が細いため特殊な機器を入れない限りはできません。要するに健康診断としてスクリーニングに使用するなら問題はないと言えます。

ではNTT関東病院ではどうか。
すでに自身の経験を踏まえ経鼻内視鏡を始めました。実は内視鏡より太いチューブを消化器内科ではつねづね挿入しているので鼻から入れる技術は苦にはなりません。発想を変えればチューブを入れるよりは先端が見える分だけ安全です。実際の声を聞きますと初め痛みがあったが口からの内視鏡よりずっとラクという意見が大半でした。今まで鎮静剤を注射していやな思いをしていたのが内視鏡をモニターで見ながら医師と会話できる検査になったと大変喜んでくださる方もおります。

そこで・・・
経鼻内視鏡での希望者を募ります。一人でも多く体験され実感されることを期待しています。近い将来検診の内視鏡は鼻から入れるのが当然になると確信しています。
消化器内科、内視鏡センターに是非お越しください。