関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 脳血管内科

脳血管内科

扱う疾患および特色

脳卒中は死亡原因の1位ではなくなったものの、超高齢化社会の到来にあたり、依然、重度要介護の原因の1位です。
当科の特徴は、その脳卒中(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞)を包括的に治療し、中でも、最も患者数の多い脳梗塞の内科的治療を高度な専門性に基づいて行います。神経所見の診察、脳CT、およびMRIによる綿密かつ迅速な原因病巣の同定、頚動脈エコー検査、心臓エコー検査、およびホルタ―心電図等を駆使した塞栓源の検索等、脳梗塞の病型鑑別を行いつつ、それに沿った投薬加療を綿密に行い、脳梗塞の範囲およびそれに伴う神経脱落症状の軽減に努めます。超急性期脳梗塞に対する、tissue Plasminogen Activator (tPA)の緊急静脈投与治療の経験も豊富で、積極的に患者さんを受け入れています。救急車で搬入されたり、他院から紹介された重症脳梗塞、主幹動脈急性閉塞に対する緊急血管内治療(カテーテルを用いた血栓回収療法)も経験豊富な脳血管内治療専門医が、脳外科と協力体制のもと積極的に行います。リハビリテーション部と毎日のカンファレンスで密に連絡をとり、脳卒中早期からリハビリを開始し、神経症状の回復を図ります。最新のエビデンスに基づき、脳梗塞再発予防投薬加療も入院中に確立します。脳外科と日々綿密に連携し、慢性的に太い脳動脈(主幹動脈)が高度狭窄―閉塞しているときは、予防的な手術加療も検討します。