関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 心臓血管外科 > 心臓手術、血管手術を受ける患者さまへ

心臓血管外科:心臓手術、血管手術を受ける患者さまへ

人工心肺非使用バイパス

従来、冠動脈バイパス手術は心臓を止めて、全く動かない状態で血管吻合を行ってきました。この場合、心臓が止まっている間、人工心肺というポンプで血液を環流させ体を維持することが必要です。また、心臓を止めるためには上行大動脈を遮断し、心臓に血液が流れないようにします。そして、心臓を止めておく間、心筋保護液で心臓を保存します。人工心肺を使用し、心臓を止めるためには、上行大動脈と大静脈にチューブをいれて人工心肺装置で全身に血液を循環できるようにしたうえで、上行大動脈を遮断します。大動脈の壁の性状が悪いと、そこから全身に塞栓症の原因となる壁内のきたない動脈硬化片(コレステロール等)を撒き散らすおそれがあります。また、人工心肺中は血圧などの循環動態や血液の性状が非生理的に変わるため、頭を含め全身の他の臓器にも悪い影響があります。通常の人であればそれが問題となることは少ないですが、全身の動脈硬化が強い場合や、高齢者、心臓以外にも病気があり予備力のない人では、人工心肺が負担となります。

近年、心臓が動いたままでバイパス吻合を行う技術が発達し、心拍動下バイパスが可能になってまいりました。従来のバイパス手術のように人工心肺を使用する必要がないため、上述のような人工心肺による問題点はなくなりました。問題点は、動いている心臓で細かい血管を吻合するため、技術的に難しかった点と、心臓を持ち上げたり、血管を一時的に閉塞しているときに血圧が下がったりして具合が悪くなることでした。しかし、ここ数年で、血管を吻合する場所だけを動かなくする器具や、心臓を安全に持ち上げる方法や器具が驚くほど改良されてきました。これにより、心拍動下バイパス手術は特殊な手術ではなくなり標準的な安全な方法となりつつあります。まだ、技術的には少し難しい部分もありますが、さらに、安全性が確立されてくることとなるでしょう。

当院では安全性と吻合の質を確認しながら、段階的に心拍動下バイパス手術の比率を増やして、現在ではほとんどすべての方に可能な状態となりました。

人工心肺非使用バイパス

特殊な器具で心臓を持ち上げ、心臓の裏側の冠動脈へバイパスを行っている。

人工心肺非使用バイパス

心臓の側面にある冠動脈へのバイパス。特殊な器具で吻合する部位だけを動かなくして吻合を行う。