関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 心臓血管外科

心臓血管外科

扱う疾患および特色

心臓手術 心臓手術

狭心症、心筋梗塞、弁膜症、動脈瘤、成人の先天性心疾患、心臓腫瘍、肺塞栓、不整脈、末梢血管病変など循環器疾患の外科治療を行っております。小児の心臓奇形に対する修復術、心臓移植を除いたすべての高度医療が可能です。

動脈グラフトによる心拍動下冠動脈バイパス手術、弁形成手術、心房細動に対するメイズ手術、急性大動脈解離に対する緊急手術などを積極的に行い、患者さんの生命予後の改善のみならず手術後の生活の質(quality of life)の向上をめざしております。

診断、手術適応の決定、治療にあたっては、循環器内科医と意見を交換し、患者さんにとって最適な治療法の選択を行なっております。

総合病院の利点を生かして患者さんの全身状態を総合的に診断し、種々の合併疾患が認められた場合にも他科との密接な連携により患者さんにとって最善な治療となるよう努力しております。

心臓血管外科から患者さんへのメッセージ

心臓病・大動脈瘤の治療をもっと身近なものに−「怖くない」心臓手術・大動脈瘤手術

はじめに

心臓病・大動脈瘤はがん・脳卒中とならぶ日本人3大死因のひとつです。そしてほとんどの心臓病・大動脈瘤は治療によって完全に治すことができる病気です。しかし、皆さんは心臓や大動脈瘤を手術すると聞くとまずは「怖い」と思うのではないでしょうか?もちろん、手術を自分が受けるとなればどんな手術でもある程度心配にはなるでしょうけれど、他の手術(消化器や整形外科など)と違う恐怖感、自分の心臓という生命そのもののようなところに手を加えられるということに対する根源的な怖れを感じ、どうしても先延ばしにしてしまうのです。
もう一つの問題点は心臓病も大動脈瘤もすいぶん病気が進んでしまうまで症状を感じにくいということです。心臓はとても大切な臓器ですからもともと非常に高性能に作られています。それこそ普段必要な能力の何倍もの力が出せるようになっています。心臓に病気が起きても心臓だけが頑張って余力の部分で負担をカバーしてしまいますから、症状が出てくるのは概ね余力を使い果たして心臓も弱ってしまってからということになります。さらに大動脈瘤に至っては破裂をするまで全く症状がありませんし、破裂≒突然死ですから最後まで症状がでないという恐ろしさです。
私は現在、残念ながら心臓病や大動脈瘤に冒され手術が必要となってしまった方々が、手術に対する恐怖感が原因で治療を受けられずに手遅れになってしまわないよう、「怖い」と思わずに手術を選択できるように様々な方法を駆使して治療を行っています。これからそれについて少しお話ししようと思います。

心臓を止めない心臓手術:オフポンプバイパス

心臓手術のまず「怖い」所は心臓を止めなければならないということではないでしょうか?止めた心臓がまた動かなかったら・・・そんなことは今ではまず起こりませんが、確かに医学的にも心臓を停止させることや人工心肺装置を用いた生命維持を必要とすることのデメリットは厳然として存在します。今では心臓を止めず、人工心肺も使用しない心臓手術があります。対象となるのは狭心症や心筋梗塞といった、心臓自身の動脈(冠動脈といいいます)が動脈硬化が原因で細くなったり詰まってしまったりして起きる病気です。
この病気では冠動脈の血流を回復させる必要があり私たちは患者さん自身のきれいな血管を心臓の血管につないで新しい血流路をつくる手術、「冠動脈バイパス手術」(図1)を行っています。1.5mmくらいの血管同士を髪の毛よりも細い糸で縫い合わせるという繊細な手術であり以前は心臓を止めた状態で行うことが必要でしたが手術技術の進歩により多くの患者さんで心臓を動かしたまま同じqualityの手術が出来るようになりました。天皇陛下がこのオフポンプバイパス手術を受けられ今もお元気にされているのは皆さんご存じの通りです。私自身もいつもオフポンプバイパス手術を行っていますが、人工心肺を使用する他の手術に比べて体への負担が少ないといつも感じています。

図1オフポンプバイパス後の3次元CT画像 図1オフポンプバイパス後の3次元CT画像:2本のバイパス(新しい血管)が冠動脈に吻合されています

小さな傷の心臓手術:小切開開心術(MICS手術)

かつて全ての心臓手術は胸骨正中切開と言って胸の中央にある胸骨という板状の骨を全長に切開して行っていました。傷も、喉元からみぞおちに至るような大きなものでしたし、切った胸骨がくっつくまでの数か月間は運動制限や創の痛みで困ることも少なくありませんでした。それを改善すべく「胸骨をあまり切らない」もしくは「まったく切らない」心臓手術を行っています。対象となるのは主に弁膜症と言って心臓弁の働きが悪くなる病気です。
これらの病気では働きが悪くなった弁を修理(形成術と言います)したり交換(人工弁置換術と言います)したりする手術を行います。この時、治療する弁の場所や患者さんの体型に応じて細かく切開を変更することで最小限の皮膚と骨の切開で手術が出来るようにしています。たとえば大動脈弁手術では胸骨部分切開や右腋窩切開で、僧帽弁手術では右側方小開胸(図2)という風にしていますが、いずれにせよ10cm以下の創で手術をすることが可能です。

図2 MICS手術の切開法

図3右小開胸による僧帽弁形成術後の患者様

これらの病気は心臓の中を治療する手術なので人工心肺の使用と心停止はどうしても必要ですからその負担は避けられません。しかし皮膚や骨の切開を極力減らすことで創の痛みで術後の回復が遅れることが少なくなりましたし、なにより患者さん自身、創が小さいことを非常に喜んでくれます(図3)。創が小さくて目立ちにくいというだけで手術への「恐れ」はずいぶん減るものなのです。
当院では1つの弁の手術に限らず、例えば僧帽弁と三尖弁の同時手術や大動脈弁と僧帽弁の同時手術においてもこの小切開手術を行っています。

胸もおなかも切らない大動脈瘤手術:ステントグラフト手術

最後に究極の「怖くない」手術です。対象は大動脈瘤と言って大動脈が風船のように膨らんで行き、最後には破裂して命を奪ってしまう病気です。ステントグラフトという、金属製のばねのついた人工血管(図4)を小さくたたんでカテーテルの中に格納し、足の付け根の血管から大動脈瘤内まで送り込んでそこで広げることで大動脈瘤を内側から塞いでしまうという手術です。以前は大動脈瘤のできた場所を20〜30cmくらい大きく切開して大動脈瘤を露出し切除して人工血管を移植するという大手術をしなければなりませんでしたし、胸部の大動脈瘤ではさらに人工心肺も必要です。しかしステントグラフト手術では足の付け根あたりを3cmくらい切開するだけで胸もおなかも切らずに治療することができます。胸部であっても人工心肺は不要です。手術時間も1時間半から2時間くらいと随分短縮されます。術後もすぐ歩けて1週間もすると元通り元気になります。

図4 腹部大動脈瘤用のステントグラフトの画像 図4 腹部大動脈瘤用のステントグラフト

ただ、残念ながら全ての大動脈瘤の方がステントグラフトで治療できるわけではありません。大動脈瘤のできた場所や形によってはむしろ通常の人工血管置換術のほうが適している場合もあります。実際、腹部大動脈瘤では4割くらいの方がステントグラフト治療に不向きですし、胸部に至ってはむしろステントグラフト治療が可能な方が少数派です。このあたり、ステントグラフト治療が普及し始めてからもう10年ほどたちますがまだまだ改善が必要なところだと思います。

最後に

私が心臓外科医になったころ(20世紀の最後ですが)は、まだ心臓手術や大動脈瘤手術は手術をする医者も手術を受ける患者さんも「生きるか死ぬか」という覚悟で臨んでいました。今でもこれらの手術が命に直接かかわる治療であることに変わりはありません。しかし、本来心臓手術は機能回復手術です。病によって弱っていた心臓が病から解放され本来の力を取り戻せば必ず元気になります。それはどんなにご高齢な方にも起こります。健康寿命を延ばせる治療なのです。その恩恵をより多くの悩んでいる方々に受けていただきたいと思っています。そのためには手術に対する不必要な恐怖感を無くさなければなりませんし、それはただ手術の必要性を説くだけではなく、より「怖くない」手術を提供することで初めて実現できるのではないかと考えています。

部長 柴田 講