関東病院


関東病院ホーム > 受診案内 > 診療科案内 > 循環器内科

循環器内科

扱う疾患および特色

循環器内科とは

  • 血液の循環に関係する臓器(心臓、大動脈、末梢動脈、静脈、肺動脈)におきる病気(循環器疾患)を扱う内科のことを「循環器内科」と言います。
  • 狭心症、心筋梗塞、弁膜症、心筋症、心不全、不整脈などの各種心臓病の他、大動脈の病気(解離性大動脈瘤など)、さらに最近では末梢動脈疾患(下肢の動脈硬化症など)や静脈血栓症などの診断・治療も行っています。
  • 「胸が苦しくなる」、「動悸がする」、「息苦しい」、「心電図がおかしいと言われた」「歩くと足が痛くなる」などは循環器の病気を疑わせます。

緊急性の高い病気が多い

  • これらの病気は、待ったなしの緊急の対処が必要なものが多いのが特徴です。特に急性心筋梗塞、不安定狭心症、急性心不全、重症不整脈、解離性大動脈瘤、肺塞栓などでは最初の数時間以内の適切な初期治療の有無が生死を分けます。「夜中だからできない」、「休日だからできない」、は許されないのが循環器疾患の治療です。
  • この為当科では、次に述べる「24時間循環器救急診療」を診療の中心としてきました。
  • 生命の危機が切迫した状態で来院した方が、急性期の迅速な治療により危機を乗り切り、元気に歩いて退院する光景は、他科の病気にはない特徴と言えます。

24時間救急診療体制と心臓病集中治療室(CCU8床)

カテーテル風景カテーテル風景

  • 緊急性、即応性が命の循環器治療を行う為に、当科では従来から24時間救急診療体制をとっています。夜間、休日も含めて緊急カテーテル治療はいつでも可能であり、心臓血管外科との緊密な連携のもとに、緊急手術も可能です。
  • 救急救命処置を含む心臓病急性期の集中治療の為に、CCUと呼ばれる特殊な集中治療室が8床用意されており、24時間体制で治療と看護にあたっています。当CCUは東京都のCCUネットワークに登録された施設として活動しております。

高度な医療技術の提供

  • 近年循環器疾患治療の進歩、特に非薬物療法の進歩は目を見張るものがあります。
  • 虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)に対する診断や心臓カテーテル治療(経皮的冠動脈形成術)は、新しい装置や器具(マルチスライス高速CTや薬剤溶出性ステントなど)の登場により、従来に比べてより安全確実となりました。当科では外来での虚血性心疾患の診断に最新式の320列CTを用いており、左主幹部病変、分岐部病変、慢性完全閉塞病変などの複雑病変下肢の動脈硬化病変にも血管内超音波(IVUS)、光干渉断層法(OCT)、血流予備量比(FFR)などを併用しながら、積極的にカテーテル治療を行っています。不整脈に対するカテーテル治療(カテーテルアブレーション)、やペースメーカー植え込み治療は、患者さんを薬から開放しました。致死的な不整脈による突然死は、植え込み型除細動器(ICD)の登場により阻止可能となりました。難治性の心不全に対しては両室同時ペーシングによる心室再同期療法(CRT)が、また致命的不整脈を合併する心不全に対しては徐細動機能が付加された両室ペーシング機能付き植え込み型徐細動機(CRT-D)が登場しました。超重症な心臓機能低下に対しては、体外式心肺補助装置(PCPS)をベッドサイドで装着し、弱った心臓を補助することが可能となりました。
  • この様に、次々と登場する新しい高度医療技術はいずれもが当科に導入されており、日々の治療に用いられています(その実績は、後の診療実績の項で示します)。
  • 上記の様な高度医療技術が提供できる最新の設備とスタッフの存在のため、当院は日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本不整脈学会・日本心電学会等の研修施設に認定されています。

心臓血管外科との緊密な連携

  • 当院心臓血管外科は、冠動脈バイパス手術、弁膜症手術(人工弁置換術、弁形成術)、大動脈の手術などに優れた手術成績を誇っています。病気の性質から手術が必要と判断された場合は、当科との緊密な連携のもとに緊急手術も含めて必要な治療が出来る体制にあります。

チーム医療

  • 循環器疾患では、一人の患者さんの救急救命治療に複数の医師、看護師、検査技師、医療工学士などが同時に関わる場面が多いのも特徴のひとつです。この為、緊迫した状況下でも全員がチームの一員として適切に各自の役割を果たす「チームプレー」が欠かせません。また、急性期を乗り切った後の回復期においても、退院に向けてのリハビリ、退院後の生活指導などには医師以外の多くの医療職の連携によるチームプレーが不可欠です。この為、当科では医師、看護師、検査技師、薬剤師、ケースワーカー、事務職員が一体となったチーム医療を、患者さんを中心にして実践しています。

病診連携(病院と地域診療所との連携)の促進

  • 専門的な検査や治療は得意でも、何となく敷居が高く、待ち時間の長い病院診療。一方、普段から気軽に受診できて、待ち時間も少なく通院も便利な地域の診療所。もし両者がお互いに欠ける部分を緊密な連携でカバーし合い、患者さんにとって最適な医療環境を提供する事が出来ればと、当科では病診連携を積極的に進めています。
  • 専門的な検査や治療が必要な場合は、近くの診療所の先生からの紹介でスムーズな当院受診。治療で病状が安定したら、通院の便利な紹介元の地域の先生へ再び通院。具合が悪くなれば紹介でスムーズな再診。
  • 地域の診療所の先生とのこの様な緊密な連携プレーを更に促進する目的で、当科では2005年秋から当科と地域の診療所を結ぶネットワーク(Jネット)を立ち上げました。今後はこのネットワークを多くの診療所の先生方が御利用下さる事を願っています。

最後に

救急医療は、緊急に救いを求める患者さんと、それに即座に応えようとする医療スタッフの切迫した応接の場での行いです。現場で働く医療関係者が日常の仕事に慣れて、また忙しさにかまけて、救急医療に求められる「こころ」を忘れることのないよう努力したいと思います。我々は今後、さらに優秀な循環器医療チームの確立を目指します。

部長 山ア 正雄