関東病院


関東病院ホーム > 病院紹介 > 部門紹介 > 品質保証室

品質保証室

当院は、患者さんに安心して受診していただけるための取り組み・医療の質改善活動を進めています。

1.良質な医療――医療の質の改善とは

当院では、患者さんに「良質」であると感じてもらえる医療サービスを提供するために、次の5つについて改善の取り組みを行っています。

  1. 信頼――患者さんに信頼してもらえるように、正しい診療やケアを行ないます。
  2. 反応――スタッフが、意欲をもって診療を迅速に行ないます。
  3. 確実――診療についての正しい知識を、患者さんに敬意をはらいながら伝えます。
  4. 共感――患者さんの話に傾聴し、個別性に配慮し、共感をもって接します。
  5. 適切――施設、設備、スタッフなどを適切に準備します。

2.品質保証室とは

品質保証室は2016年に新設された部署です。医療安全管理室、感染対策推進室、診療情報管理室などと連携して、当院の医療の質を改善させる取り組みを担当しています。

3.当院の体制

当院の医療の質改善の取り組みは、病院全体の運営に責任を負うガバナンス、医療の質改善活動を統括する品質保証室会議医療安全管理室感染対策推進室診療情報管理室 、品質保証室および、病院の各部署からなっています。品質保証室会議の役割は、安全で質の高い医療を提供するための院内の活動を、包括的にマネジメントすることです。

4.役割

(1)品質保証室会議のサポート

品質保証室会議のミーティング、マネジメント活動へのサポートを行います。

(2)各部署へのサポート

各部署の取り組みが、より効果的に進められるようにサポートします。以下が、主なサポート活動です。

【情報の提供】――取り組み活動を行うための考え方、手順、情報の検索、データの収集・分析・活用の仕方についての情報提供、研修、コンサルテーションなどを行います

【取り組み課題の明確化】――各部署の重要な取り組み課題を、国際病院認定機構Joint Commission International (JCI)のアドバイスなどを元に、明確化します。

■JCIの説明(※詳細はこちらをクリック)
Joint とは共同、Commission とは委員会という意味です。元々はアメリカで、提供している医療の質を医療機関がお互いに評価しあえるように、Joint Commission という組織が作られました。Joint Commission は、2017年8月現在、アメリカの約21,000の医療機関の認証を行っています。JCIはこの国際版で、2017年8月現在、世界で1,011の医療機関の認証を行っています。JCIの基準は、14の分類にわたる約1,200の詳細な項目からなっていて、認証を受けるためには、これらの項目一つ一つをクリアしていかなければなりません。当院は、平成29年6月に、JCIの第3回目の認証をクリアしました。
■JCIのホームページ:About JCI

(3)病院全体に関わるデータの収集・分析

【データの活用】――DPCデータや電子カルテのデータを収集し、病院全体に関する現状の分析および問題点の抽出などへの支援を行います。結果は、ガバナンスや品質保証委員会、部長会議、スタッフに報告し、将来の取り組み活動の方向性の決定に役立てていただきます。

5.構成

役職
職種 氏名 資格・学位 経験
室長 医師 秋山 剛 博士(医学)
  • 2016年4月〜:品質保証室室長(統括担当)
  • 2010年4月〜2016年3月: JCI委員会委員長
  • 2004年4月〜2009年3月:医療安全管理室室長
  • 1999年12月〜2004年3月:リスク管理委員会委員長
専任室員 精神保健福祉士 松本 聡子 博士(保健学)
  • 2016年4月〜:品質保証室室員(データ分析担当)
  • 2016年:クオリティマネージャー養成セミナー修了(日本医療機能評価機構
専任室員 事務 松澤 智子  
  • 2016年10月〜:品質保証室室員(プロジェクトマネジメント担当)
  • 2016年:クオリティマネージャー養成セミナー修了(日本医療機能評価機構)